443381

背中のニキビというのは気付きにくいもので、
温泉や海などに行ったときに指摘されたり、
背中がかゆくて触ってみたらポツポツできていたり
というので気付く人が多くいます。

その為、気付いた時には大分進行していて、
治るのにも時間が掛かってしまい、
ニキビが背中にあるのが悩みになってしまいます。

そこで今回は、そんな背中ニキビが悩みになっている方の為に、
背中ニキビの原因や改善方法をお伝えしていきます。

背中ニキビができる原因は?

背中ニキビができる原因は複合的なものが多く、
1つに特定することは難しいのですが、
大体が顔にできるとニキビと同じように、
肌の乾燥や生活習慣によって、
皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まる事が主な原因です。

肌の乾燥

背中ニキビは肌が乾燥する事で、
体が乾燥を防ごうと反応して、
過剰な皮脂分泌を起こして、毛穴が詰まる事で発生します。

背中が乾燥する原因としては、
ゴシゴシ背中を洗う事にあります。

お風呂に入って体をボディソープで洗う場合、
背中はボディタオルで洗う事が多いので、
ゴシゴシ洗う人がとても多くいます。

これを行なってしまうと、
本来、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、
皮膚表面の肌バリアがなくなって、
肌内の保湿成分が蒸発する事で乾燥が起きます。

生活習慣

乱れた生活習慣も背中ニキビを引き起こします。
睡眠不足やストレス続くと、自律神経が乱れて、
皮脂の分泌が過剰になります。

自律神経は、交感神経と副交感神経が、
シーソーの様にバランスを取って成り立っています。

交感神経とは主に緊張やストレスをつかさどる神経で、
この神経が活発になる事で、
日中に仕事など意欲的に行動をする事ができます。

副交感神経とは主にリラックス状態をつかさどる神経で、
日中活発的に動いたのを癒す為に活発になる事で、
体をリラックス状態へもっていきます。

この2つがバランスを取って、健康状態を保っているのですが、
睡眠不足や強いストレスが続くと、
交感神経が働き続けて、自律神経のバランスが崩れます

自律神経のバランスが崩れてしまうと、
男性ホルモンの分泌量が多くなり、
皮脂が過剰に分泌され、それが毛穴に詰まってニキビに繋がります。

背中ニキビは顔ニキビとは違う!?

顔ニキビの場合、毛穴に皮脂が詰まると、
アクネ菌が増殖して炎症を起こしますが、
背中ニキビの場合はマラセチア菌という
カビの一種の菌が、
毛穴に詰まって炎症を起こしています。

もともと背中は皮膚の厚さが他の部分よりも厚く、
皮脂の分泌量も多いので、
マラセチア菌の増殖が起こり易いです。

その為、背中がブツブツしている人は、
この背中ニキビができている事が多いのです。

背中ニキビの予防法は?

背中ニキビは肌の乾燥、睡眠不足、ストレスなどの、
自律神経の乱れが原因で起きることが多いので、
まずは生活習慣を見直す事が大切です。

睡眠不足やストレスを感じているのであれば、
できるだけ睡眠時間を確保して、
休日などは運動をしてストレスを解消する様に心掛けましょう。

生活習慣に問題ない場合は、肌の乾燥が考えられるので、
保湿成分のあるクリームなどで保湿をしてあげましょう。

特に入浴後は最も乾燥しやすい状態なので、
必ず保湿をしてあげるようにしましょう。

背中ニキビができてしまった場合の対処方法

背中ニキビができてしまった場合は、
ニキビで炎症が起きている状態なので、
清潔にして、炎症を抑えながら保湿をしていきましょう。

特にオススメなのが、
背中ニキビ専用のスキンケア製品を使う事です。

背中ニキビ専用のスキンケア製品には、
ニキビの炎症を抑える成分や保湿をする成分が配合されているので、
効率的に背中のニキビをケアしてくれます。

更に着ているものが不衛生になっていると、
ニキビが悪化し易いので、
同じパジャマを毎日使い続けている場合は、
毎日取り替えて衛生状態を整える事も重要です。

まとめ

「ニキビが背中にあるのが悩みなんです・・・」
という方は原因がわかっていない上に、
背中のニキビケア方法も理解していない事が多いです。

特に背中は皮膚も他の箇所に比べて厚いので、
気付いた時にはすでに炎症を起こしている事も良くあります。

ですから背中ニキビに気付いた時には、
原因を把握して、それにあった処置をしてあげる事が大切です。

 

背中ニキビ専用のスキンケア製品は以下。
ニキビが背中にある方におすすめ!パルクレールジェルで背中ケアを!