350368

長年絶えずニキビがあるという方は意外に多くいます。
早い方の場合、中学生から大人になっても、
10年以上ずっとニキビで悩んでいる方もいます。

ただし、ニキビにも種類があって、
思春期ニキビから始まり大人ニキビへ以降していきます。

そして思春期ニキビと大人ニキビのできる原因も変わってきます。
その為、長年ニキビに悩んでいる方でも、
その都度、原因は変わってくる事が多くあります。

ですからまずはニキビの原因を特定して、
それに合った対処をしていけば、
ニキビは改善されていくはずです。

*目次内の項目を押すと希望の項目へ飛びます。

思春期ニキビ

ニキビは早い方で中学生ぐらいから出来始めますが、
この時期から19歳ぐらいまでにできるニキビは、
思春期ニキビである事がほとんどです。

中学生から高校を卒業するまでの間は、
第二次成長期と言って、
女性はメリハリがあってふっくらと柔らかい体へ、
男性はがっしりした筋肉質の体へ成長していきます。

そしてこの時に成長ホルモンが多く分泌されて、
それと同時に男性ホルモンが急増します。

これは男性だけでなく、
女性にも男性ホルモンが分泌されるようになります。

この時期に、男性ホルモンが増えると、
皮脂の分泌量も急増するので、
毛穴が皮脂を排出しきれなくなって、
毛穴に詰まってしまい、それが炎症を起こしてニキビができます。

ただし、思春期ニキビの場合、
20歳ぐらいになってくると、成長も止まって、
男性ホルモンの分泌量も落ち着いてくるので、
この時期から自然とニキビが発生しなくなってきます。

思春期ニキビの予防

思春期ニキビは体が成長していく過程で、
皮脂の分泌量が急増して出来てしまうので、
根本的な治療法というのはありません。

ただし、ケアをせずに放って置くと、
ニキビが増えたり悪化したりするので、
それらを防ぐ為にスキンケアをする事は大切です。

思春期ニキビの場合はとにかく清潔にする事です。
この時期は皮脂の分泌量が多いので、
朝晩1回ずつ、1日合計2回の洗顔を行なって、
皮脂をキレイに洗い流してあげましょう。

しかし、ここで注意点があります。
皮脂をキレイに落としたいからといって、
ゴシゴシ洗顔をするのはNGです

ゴシゴシ洗顔をしてしまうと、
指でニキビを傷つけてしまい、
ニキビを潰してしまう事があるからです。

ニキビを潰してしまうと、
ニキビ跡が残ってしまい、
治すのにとても時間が掛かります。

ですから洗顔を行なう際は、
洗顔料をしっかり泡立てて、
その泡で顔を洗うようにしましょう。

正しい洗顔方法が知りたい場合はコチラ

洗顔後は、化粧水で軽く保湿をする程度で大丈夫です。
思春期は皮脂の分泌量が多いので、
美容液などの油分が入ったもので保湿をしてしまうと、
余計肌が脂っぽくなるので、注意しましょう。

この時期はどうしてもニキビができやすくなりますが、
年齢を重ねるにつれて段々とニキビが収まってきます。

ですから、この時期はとにかくニキビを潰したりせずに、
清潔にして、ニキビ跡を残さないように心掛けましょう。
そうすれば必ずキレイな肌になっていくので大丈夫ですから。

大人ニキビ

20歳を超えて思春期が終わると、
次に出てくるのが大人ニキビになります。

大人ニキビの場合、
同じニキビでも思春期ニキビとは原因が異なり、
様々な理由が絡み合ってニキビができます。

大人ニキビができる主な原因としては、
間違ったスキンケアによる肌の乾燥と、
生活習慣によるホルモンバランスの崩れになります。

間違ったスキンケア

間違ったスキンケアとは主に洗顔です。

思春期ニキビの時はゴシゴシ洗ってしまうと、
ニキビを傷つけてしまうの問題でしたが、
大人ニキビの場合はゴシゴシ洗ってしまうと、
本来、肌に必要な皮脂を取り除いてしまい、肌が乾燥してしまいます

肌が乾燥すると、体が「肌を乾燥させるな!」
と反応して、皮脂を過剰に分泌してしまいます

そして、余分な皮脂が毛穴に詰まって、
それをアクネ菌がエサにして増殖する事で、
毛穴に炎症が起こり、赤く腫れたニキビが出来てしまいます。

これ以外にも、大人になると、通常肌というのは、
皮膚の表面が皮脂で覆われて肌バリアを作ります。

この肌バリアは紫外線などの外部刺激をシャットアウトすると同時に、
肌内の保湿成分を蒸発させない様な役割をしています。

ゴシゴシ洗顔をしてしまうと、
この肌バリアを取り除いてしまい、
肌内の保湿成分が蒸発して、肌が乾燥してしまいます。

これを繰り返していく内に、
乾燥肌になり、更にそれが悪化すると敏感肌になります。

その為、洗顔時にはゴシゴシ洗わず、
洗顔料をしっかり泡立ててから泡で顔を洗うようにしましょう。

正しい洗顔方法を知りたい場合はコチラ

生活習慣

社会人になると仕事やストレスで、
生活習慣が乱れ始めます。

特に睡眠不足や強いストレスが続くと、
自律神経が乱れてしまい、ニキビができやすくなります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
これらがシーソーの様にバランスを取っています。

睡眠不足やストレスが続くと、
交感神経ばかりが活動する事になり、
ホルモンバランスが崩れて、
男性ホルモンの分泌量が増えます

男性ホルモンの分泌量が増えると、
皮脂の分泌量も増えるので、
それが毛穴に詰まり、ニキビができやすくなります。

更に女性の場合は、
生理前になると黄体ホルモンが分泌されて、
皮脂の分泌量も多くなるので、
肌荒れに繋がりやすい状態になります。

大人ニキビの予防

大人ニキビの場合、肌の乾燥やホルモンバランスが崩れる事で、
ニキビが出来る事が多いので、
スキンケア生活習慣を見直す事が重要です。

睡眠不足が続いている様な場合は、
出来る限り睡眠時間を確保してあげましょう。

ただし、休日に寝溜めは体内時計のリズムを崩すことになるので、
過度な睡眠をすることは避けましょう。

ストレスが強い場合は、
休日にスポーツをするなどして、
汗と共にストレスを発散する事がオススメです。
自宅周辺を散歩するだけでも、かなり気分が変わってきます。

これらの事に加えて、スキンケアもしっかり行ないましょう。
特に重要なのが、洗顔後の保湿です。

洗顔後は一番肌が乾燥し易い状態なので、
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン
といった保湿成分のある化粧水や美容液等で保湿をしてあげましょう。

特に肌質が乾燥肌っぽい方は、
保湿は最重要で、化粧水ではなく美容液やクリームがオススメです。

なぜなら乾燥肌の場合、
肌バリアが壊れている状態なので、
油分の入った美容液やクリームで、
皮膚の表面に肌バリアを作って、
保湿成分を閉じ込める事ができるからです。

まとめ

中学生ぐらいから絶えずニキビがあるという方でも、
年齢を重ねるにつれて、ニキビが出来る原因は変わってきます。

実際に、ニキビで悩んでいる方の話を聞いていると、
自分のニキビ原因がわからない状態で、
色んなスキンケア製品を試している方が、かなり多くいます。

根本的な原因を把握しない状態で、
色んなスキンケア製品を使っても、
それは逆に肌へ負担を掛けることになってしまいます。

ですから、今、自分がどんな状況なのかを把握して、
ニキビができる原因に合ったケアをしてあげましょう。
それが一番効果的なニキビケアだと考えています。

 

ニキビに悩む方にオススメのスキンケア製品は以下で確認できます。
ニキビに悩む人の為のスキンケア製品特集