a6e7493fed777c2106d178344b1779e1_s

シミができてしまうと気になりますよね。
肌の一部が黒ずんで目立ってしまうと、
恥ずかしくてシミを隠そうとしてしてしまいます。

その時にまず思い付くことが化粧品を使う事です。
「ファンデーションを塗れば、UVケアにもなるして良いでしょ」
などと思って厚く塗ってしまいます。

更には”シミが取れる化粧品はコレです!”
などと言ったうたい文句につられて、
新しく化粧品を買ってしまう人ですらいるくらいです。

ですが、この行為は実はシミを助長するだけです。
化粧品でシミは取れません

実際にいつもより良い化粧品を使ってシミをケアしたとしても、
人によってはシミが悪化する人もいます。

なぜなら多くの化粧品には油分が入っているからです。
この油分が実はシミに悪影響を与えているのです。

油焼けによって起きる黒皮症!?

昔、黒皮症という肌が黒ずむ病気が流行りました。
黒皮症とは30歳以上の女性に多く、
顔全体、耳の前後に紫色の色素沈着を起こします。

この原因としては粗悪な化粧品に含まれる油分で、
肌が油やけを起こした事が主な原因でした。

もちろん今の化粧品は、油分も抑えられて、
品質も劇的に向上しています。

しかし肌に合わないクリームやファンデーションを長期間使っていると、
肌が油焼けを起こして黒皮症に襲われる事もありえます。

現在の化粧品にも少なからず油分は入っているので、
長期間使っていると皮膚の呼吸を阻害して、
逆に肌の状態を悪化させる事にも繋がります。

高級化粧品こそ注意が必要?

「私は高い化粧品を使っているから肌は大丈夫」
「この化粧品は海外セレブも使っているからオススメ!」

などと言っている方をたまに見かけますが、
高い=安全と思い込むのは非常に危険です。

特に海外製の高級化粧品などは、
日本人の肌に合わないものが多く、
使う事によって肌荒れの原因となり、
シミもできやすくなる事があります。

日本人の肌は一般的に、皮脂腺が発達していて、
毛穴から皮脂が分泌されやすいので、
脂分を補給する必要はありません。

一方で欧米人の肌は、皮脂腺があまり発達していないので、
化粧品にはそれを補う為に油分や水分が多く調合されています。

更に高級品になればなるほど、香料にこだわっています。
デパートの化粧品売り場や空港の免税店に行くと、
化粧品の強い匂いがする事がありますが、
あれは化粧品の香料によるものです。

特に海外で直接買った化粧品や、
海外から直輸入している化粧品は、
完全に外国人用に作られているので、
日本人の肌にとっては刺激が強すぎます

ですから、「あのスーパーモデルも愛用!」
なんてうたい文句につられて、
海外製品をそのまま使うのは、
かなり危険な事をしている証拠になります。

「シミができるのは安い化粧品だから」
などと決め付けてしまうと、
取り返しの付かないダメージを受ける可能性もあります。

高級品であろうとそうでなかろうと、
原料に石油が使われていて、香料に植物油が使われているものは、
黒皮症の様なトラブルを招きかねないので注意しましょう。

化粧品を変える前に自分の肌状態を見極めましょう!

上記で「化粧品が黒皮症の様なトラブルを起こしかねない」
と説明しましたが、全てがそうではありません。

化粧品にはUVカットをしてくれるものや、
排気ガスが多い場所で化粧品の油膜が外部刺激から肌を守ってくれる
などの効果がある事も確かです。

ただし、本来シミというのは化粧品で取れるものではなく、
肌の状態を改善する事で、肌が入れ替わる機能が正常になり、
ターンオーバーを繰り返していく事で徐々に薄くなっていきます。

ですから、シミができたら、シミが取れる化粧品を探すのではなく、
シミができた原因を探して、それに合った対処をしていくのが一番です。

肌が正常な状態であればシミだけでなく、
ニキビなどの肌トラブルも防ぐ事ができます。

それであれば、シミなどの肌トラブルが起きたら、
まず第一に考える事は、”肌の環境を整える”という事だと思います。

シミの原因を詳しく知りたい場合はコチラ