166780

ニキビやシミなどの肌トラブルに関して詳しい方は多くいるのですが、
そんな知識が豊富な方でもニキビ、シミ、シワ、
といった肌トラブルに悩まされている方が実は多くいます。

この様な方々にスキンケア方法などを聞いてみると、
全く問題なく、むしろこちらが関心させられるほど、
丁寧にスキンケアをしています。

それなのにどうして肌トラブルを招いているのでしょうか?

この原因は実は”血”にあったりします。
つまり血行不良が起きている事が原因だったりします。

血液の滞りが肌トラブルを引き起こす!?

スキンケアをしっかり行なっているのに、
肌トラブルを起こしてしまう方は、
血の巡りが悪い方が意外に多くいます。

血の巡りが悪いと肌トラブルが起きるのは、
ターンオーバーが上手く機能しなくなるからです。

ターンオーバーとは肌が新しく入れ替わる事で、
約28日掛けて肌が入れ替わります。

ターンオーバーは、表皮の一番下の層にある、
基底層という層で新しい肌細胞が生まれて、
それが細胞分裂をしながら角質層へ向かって押し上げられる事で、
古い角質が剥がれ落ちて、新しい肌へ入れ替わります。

 

しかし、基底層で新しい肌細胞が生まれるには、
栄養と酸素が必要です。

そして、この栄養と酸素は血液に運ばれて、
基底層へ届くのです。

その為、血行不良が起きていると、
基底層へ栄養と酸素が運ばれなくなるので、
新しい肌細胞が生まれにくくなって、
肌の入れ替わりの周期も乱れてしまいます。

肌の入れ替わりが起こらないと、
古い角質が皮膚の表面に溜まっていき、
毛穴を塞いで炎症を起こして、
ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。

また、シミができた場合も、
ターンオーバーによってシミは徐々に薄くなっていくので、
血行不良になっているとシミが治りにくくなったりもします。

血の巡りが悪くなる原因は主に冷え!?

血の巡りが悪くなると、ターンオーバーが乱れて、
肌の入れ替わりが上手くいかなくなるのですが、
女性の場合、血行不良になる主な原因は”冷え“にあります。

女性の約80%が冷え性だと自覚していると言われていますが、
女性は男性よりも冷えやすく、その主な理由は、
筋肉量が男性よりも少ないことにあります。

人間の体の熱の40%は運動などで筋肉が動いて作られます。
更に体の筋肉の70%以上が腰から下の下半身に集中しているので、
運動不足などで筋肉を動かさなくなると、
熱量が減って冷えが起きてしまうのです。

また、女性の場合は、ノースリーブや生足など、
体を冷やすファッションが多く、それも冷えに繋がっています。

基礎代謝は加齢によって落ちていく!

私達が1日の内で使うエネルギーは、

基礎代謝:70%
生活活動代謝:20%
食事誘導代謝:10%

となっています。

基礎代謝とは生きるのに最低限必要なエネルギー
生活活動代謝は家事や運動時に必要なエネルギー
食事誘導代謝は食べ物を消化吸収する為に必要なエネルギーの事です。

この中でも特に大きな割合を占める基礎代謝は、
20歳前後をピークにどんどん減少していきます

基礎代謝は加齢によって減少していく上に、
運動不足で筋肉量が落ちると、更に減少してしまいます。

基礎代謝が低下すると、血液の流れが悪くなり、
体が老化していくだけでなく、
肌のターンオーバーにも大きく影響してきます。

まとめ

スキンケアを正しく行なっているのに、
肌トラブルが起きてしまう人は、
大体は血行不良が原因だったりします。

いくら体の外側からケアを行なったとしても、
内側のケアを怠ってしまうと、
そのケアは無意味なものになってしまいます。

私達の体は血液が流れることで、
栄養や酸素が体中に行き渡り、
老廃物を外へ排出して成り立っています。

ですから、外側のケアよりも、
内側のケアの方が実は重要なのです。

もし、スキンケアをしっかり行なっているのに、
肌トラブルが起きてしまうのであれば、
冷えなどがないか今一度、確認してみてください。