b1ed1aa5ff8fa77caaee59d30ef3cfd8_s

乾燥肌に悩む方は非常に多く、
冬になると空気が乾燥して、
洗顔後に肌がつっぱる感じが出たり、
皮膚が日焼け後の様にめくれたりします。

乾燥肌の主な原因は肌バリアが壊れている事にあります。
肌バリアが壊れる事で、肌内の保湿成分が蒸発して、
肌が乾燥してしまうのです。

そんなカサカサした乾燥肌を改善するのに、
最も効果的な成分がセラミドです。

では、なぜセラミドが最も効果的なのでしょうか?
今回はその理由を解説していきます。

セラミドとは一体なに?

表皮には、角質層、顆粒層、有棘層、基底層
という4つの層があり、
セラミドは一番上の角質層に存在している、
細胞間脂質という物質です。

細胞間脂質とは、その名の通り、
角質層の肌細胞の間を埋めている物質で、
この物質が細胞と細胞の隙間を埋める事で、
肌内の保湿を保っています。

%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89

健康な肌の場合、
角質層には常に15%の水分が存在しています。

角質層が正常であれば、冬場に湿度が0%になっても、
肌は常に15%以上の水分を維持できるようになっています。

この鍵を握っているのが細胞間脂質で、
細胞間脂質の中でセラミドが約50%を占めており、
保湿に最も重要な働きをしています。

セラミドの保水力は最も強い!

セラミドを含む細胞間脂質は、
水分をサンドイッチのように挟み込んで、
水分を逃がさない働きをしています。

%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%892

保湿成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲンは、
水分を抱え込むタイプなので、
セラミドに比べると保水力は弱いです。

更に、セラミドに挟まれた水分は湿度が0%になっても蒸発せず、
-20℃になっても凍ることはありません。
その為、セラミドは肌の水分保持には欠かせないものなのです。

セラミドが作られるのはターンオーバーの時!

セラミドは人間の体内に元から存在している物質で、
ターンオーバー時に生成されています。

ターンオーバーは肌を新しく入れ替える作用の事で、
表皮の基底層という場所に、血液を通して栄養や酸素が送られると、
基底層で新しい肌細胞が作られます。

この肌細胞が古い肌細胞を押し上げながら、
角質層へ上がっていく事で、新しい肌に入れ替わるのですが、
この際にセラミドも同時に生成されます。

%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

乾燥肌になる原因の一部として、
肌の環境が悪く、ターンオーバーが正常に働かない事が、
乾燥肌を招く原因ともなっています。

乾燥にはセラミド配合の美容液やクリームがオススメ!

セラミドは強い保水力を持っているので、乾燥肌の場合、
セラミドが入ったスキンケア製品を使う事がオススメです。
特にオススメなのが美容液やクリームなどの油分が含まれた物です。

乾燥肌は皮膚表面の肌バリアが失われている状態なので、
美容液やクリームを使って、皮膚の表面を油膜で覆う事で、
肌内の保湿成分が外に逃げないように閉じ込めます。

これに加えて、ターンオーバーを正常に保つ為に、
寝不足や偏った食生活など、
生活習慣が乱れないように心掛けると、
乾燥肌を効率的に改善する事が可能になります。

まとめ

セラミドは保湿成分の中でも、
最も強い保水力を持っているので、
カサカサした乾燥肌に悩んでいる場合は、
積極的に取り入れたい成分です。

今では、セラミドが入ったスキンケア製品は、
数多く出回っているので、
自分の肌に合ったものを選んで使うと、
乾燥肌を効率的に改善する事が可能です。

中にはセラミドが入ったクリームとサプリメントが、
セットになっているスキンケア製品もあるので、
そのような物は特にオススメです。

乾燥肌は放っておくと、
悪化して敏感肌になってしまうので、
早めにケアをしてあげることが大切です。

乾燥肌にオススメのスキンケア製品は以下です。
乾燥肌・敏感肌に悩む人の為のスキンケア製品特集