595632

「洗顔後の肌がつっぱる」
「常に肌がカサカサする」
「顔の薄皮がめくれてしまう」

この様な乾燥肌に悩んでいる方は多くいます。

しかし、乾燥肌に悩んでいる方の多くは、
化粧水だけでスキンケアをしている事が多いです。

これでは乾燥肌は酷くなる一方です。
乾燥肌が酷い状態になると、敏感肌になってしまう事もあるので、
乾燥肌の方は正しいスキンケアを行なう事が必要です。

そもそも乾燥肌ができる仕組みは?

正常な肌の場合、皮膚の表面が油分で覆われて、
それが肌バリアとなって、肌内の保湿成分を閉じ込めています。

しかし、乾燥肌の場合は、
皮膚の表面にある肌バリアが失われている状態なので、
肌内部の保湿成分が蒸発しやすくなり、
顔全体が乾燥を引き起こしてしまうのです。

549503

肌バリアが失われる主な原因は、
スキンケア時のこすり過ぎと洗い過ぎによるものです。

例えばあなたは以下の様な事をしていませんか?

・クレンジングや洗顔時に、肌に指が触れた状態でゴシゴシ洗う
・ふき取りタイプのクレンジングや化粧水をよく使う
・化粧水をよく馴染ませようとパンパン顔を叩く

これらは全て乾燥肌を引き起こす原因になります。

例えばクレンジングや洗顔料でゴシゴシ顔を洗ってしまうと、
本来、肌バリアとして肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、
肌バリアを壊してしまいます。

更にふき取りタイプのクレンジングを使ったり、
化粧水を肌に馴染ませようとしてパンパン叩いたりすると、
それらの外部刺激で角質層が傷ついて肌バリアを壊してしまいます。

そして肌バリアが壊れた状態が続くと、
肌内の保湿成分が蒸発してしまい、乾燥肌になってしまうのです。

乾燥肌が酷い状態になると敏感肌へ悪化してしまう!

乾燥肌のケアを怠って、乾燥が酷い状態になると、
今度は敏感肌へ悪化してしまいます。

例えば、肌バリアがない状態が続くと、
肌内部の保湿成分が蒸発してしまいます。

肌内部の保湿成分は、肌の保湿を保っているだけでなく、
実は紫外線などの外部刺激が肌の奥に届かない様に、
バリアとしての役割も担っています。

その保湿成分が蒸発してしまうと、
肌内のバリアも壊れてしまう事になるので、
紫外線などの外部刺激が肌の奥に届いてしまいます。

446297

そうなると、その外部刺激が、
肌の奥の神経を刺激して、それに肌が反応する事で、
かゆみや炎症が起きているのです。

これが乾燥肌が酷くなると、敏感肌に悪化する仕組みです。

敏感肌になってしまったらワセリンで肌を保護しよう!

乾燥肌が酷くなって敏感肌になってしまうと、
肌のバリアが何もない状態なので、
風やホコリ、髪の毛が肌に触れただけでも、
かゆみや炎症を起こしてしまいます。

こうなってしまった場合は、
化粧水を付けたとしても、あまり効果はなく、
むしろ化粧水の成分で肌の炎症が起きたりする事があります。

その為、何を付けても肌に炎症が起きてしまう場合は、
ワセリン配合の美容液やクリームを使う事をオススメします。

ワセリンには、皮膚をしっかりコーティングして、
肌内の水分が蒸発しないように守ってくれる作用があります。

しかもワセリンは副作用が少ない安全な成分なので、
肌に不要な刺激を与える事もありません。

ただし、ワセリンには保湿成分はない為、
乾燥肌や敏感肌の根本的な解消には繋がりません。
あくまで肌内の蒸発を防いでくれるのみです。

しかし、ワセリンを塗って肌内の水分蒸発を防いでいけば、
徐々に肌内の保湿成分が回復してくるので、
敏感肌が落ち着いてきたと感じたら、
美容液等で保湿を行なう様にしましょう。

乾燥肌、敏感肌にはとにかく保湿が大切!

乾燥肌や敏感肌が落ち着いてきたら、
美容液やクリームで保湿を行う事が大切です。

保湿を行なう上で最も効果的なのが、
セラミド配合の美容液やクリームを使う事です。

セラミドは肌内の水分をサンドイッチ状に挟み込んで、
水分を逃がさないようにしてくれるので高い保水力を持っています。

また、セラミドは元々肌の角質層に存在する成分なので、
アレルギーも起こりにくく、敏感肌の方にも有効です。

また、美容液やクリームには油分も含まれている為、
セラミドで肌内を保湿した後に、油分で皮膚の表面を覆って、
肌内の保湿成分が逃げないように閉じ込めてくれます。

その為、乾燥肌、敏感肌には、
セラミドが入った美容液やクリームがオススメです。

まとめ

乾燥肌のケアを怠っていると、乾燥が酷い状態になって、
敏感肌へ悪化してしまいます。

その為、乾燥肌だと感じているのであれば、
しっかりスキンケアを行なって、
敏感肌へ悪化するのを防ぎましょう。

今では、乾燥肌、敏感肌専用の美容液やクリームがあり、
それらにはセラミドやワセリンが配合されているものもあります。

その為、それらを使ってケアをしてあげれば、
乾燥肌、敏感肌の改善に繋がるでしょう。

乾燥肌、敏感肌専用のスキンケア製品はコチラ