613957

シミやそばかすが目立ち始めると、
美白化粧品を使い始める方が多いのですが、
成分をあまり確認せずに購入している方が意外に多くいます。

成分をしっかり確認して買わないと、
間違ったスキンケアを行なう事になるので注意しましょう。

美白化粧品を買う時は必ず成分を確認!

美白化粧品を買う際に成分を確認せずに、
パッケージやネーミングだけで、
「美白っぽい」化粧品を選んでいる方がいます。

「○○ホワイト」など美白効果がありそうなイメージで売られていても、
実際は美白成分が入っていないものもあるので、
美白化粧品を買う際には必ず成分を確認しましょう。

代表的な美白成分は?

美白成分はシミの作られ方によって、
作用が変わってくるのでそれにあった成分を選びましょう。

シミは紫外線などの外部刺激が加わると、
以下の流れでメラニンが生成されて、色素沈着を起こします。

1.情報伝達物質が分泌される
表皮に紫外線などの外部刺激が与えられると、
エンドリセンという情報伝達物質が分泌されます。

2.エンドリセンがメラニンを生成するように指示をする
分泌されたエンドリセンが、
「外からの刺激が来たぞ~!メラニンを作る用意をしろ~!」
とメラニンを生成するようにメラノサイトに指令を出します。

3.メラニンが生成されて色素沈着を起こす
エンドリセンから受けた指令によって、
メラニンが生成されて、肌の基底層という層に、
メラニンがバリアの様に広がって、色素沈着を起こします。

 

代表的な美白成分の中には2.と3.を防止する成分が多くあるので、
それらの成分が入っているか以下を参考にしながら確認しましょう。

エンドリセンに指令を出させない様にする成分

・カモミラET
・トラネキサム酸

メラニンの生成を抑える成分

・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸
・甘草エキス
・ハイドロキノン

上記の様な成分が入っていれば、
シミやそばかすなどを予防してくれる美白化粧品と言えるでしょう。

もし上手く成分を見つけられない場合は?

美白化粧品を買おうとして成分を見たけど、
上手く美白成分が見つけられない場合は、
医薬部外品」の表示があるものを選ぶ事をオススメします。

医薬部外品とは化粧品よりは効果が期待できるけど、
薬ほどの効果は期待できないという、
化粧品以上、薬未満の効果がある物です。

少し中途半端な感じがしますが、
それでも厚生労働省が効能を認めた美白成分が含まれていて、
「医薬部外品」として扱われている物は、
日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ
と効能を表示する事が許可されています。

その為、もし美白成分を上手く見つけられなかったら、
医薬部外品かどうかをチェックして、
「日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ」
という表示がある物を選ぶと良いでしょう。

ハイドロキノンはすでにできているミに効果があるけど・・・

上記の”メラニンの生成を抑える成分“の箇所で、
“ハイドロキノン”という成分がありますが、
実はこの成分は、すでに出来ているシミに効果があると言われています。

その為、シミをすぐに消したい方にとって人気なのですが、
この成分は刺激が強く、間違った使い方をすると、
かえってシミを悪化させる事があります。

詳しくはこの記事で書いてあるのですが、
ハイドロキノンが入った美白化粧品を使う場合は注意が必要です。

それでもハイドロキノンを使ってみたいという方は、
安全なハイドロキノン配合の美白化粧品を以下に紹介するので、
製品の使用方法をしっかり守って使う様にしてください。
ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲル

まとめ

シミやクマが出来始めると、
慌ててスキンケアを行なう方がほどんどですが、
本来はそうならない様に予防をしておく事が大切です。

一度シミができてしまうと、
消えるまでにかなり時間が掛かります。

ですが、シミができてしまった場合でも、
しっかりケアを行なっていけば徐々に薄くなっていきます。

その為、今からシミのケアをし始めれば、
5年後、10年後の肌の状態は、
何もしないよりも全く違うものになっているでしょう。

ですから、美白化粧品を選ぶ際には、
美白成分が入った物を選んで、
効率的にシミをケアしてあげましょう。

美白成分が入ったオススメのスキンケア製品はコチラ