624831

コラーゲンは肌の真皮の約70%を占めると言われていて、
肌の中に網目状に広がっています。

これが肌の弾力やハリを保っているのですが、
加齢によって減少していき、
シワやたるみを作る原因となります。

そんな私達の肌のハリや弾力を維持しているコラーゲンですが、
これらを維持にするには「食事で補うのが良い」
と言われていますが、果たして本当なのでしょうか?

そこで今回はコラーゲンは食べると肌に効果的なのか?
という事を調査してみました。

食事から摂ったコラーゲンは肌のコラーゲンにはならない!?

コラーゲンを食事で補うのは肌に効果的なのか?
という事について様々な意見がありますが、
正直なところ”わからない”というのが本音です。

なぜならコラーゲンを食事で補うと、
“効果がある”という意見と”効果がない”
という意見が混在しているからです。

例えば、今ではコラーゲンボールなどが市販されていて、
コラーゲンは食べるとお肌がプルプルになる!
などと言われていますが、
実は食事から摂るコラーゲンは、
肌のコラーゲンになるか?と言われれば、そうでもないのです。

なぜなら、コラーゲンはタンパク質の一種なので、
体内でアミノ酸に分解された後、
必要な種類のタンパク質に合成されて、体内で使われるからです。

つまり、コラーゲンを食事から摂っても、
髪の毛、爪、骨、関節などで使われてしまい、
肌のコラーゲンになるとは限らないのです。

これが理由でコラーゲンを食べても「肌にあまり効果はない」
と言われているのです。

ところが一方で、コラーゲンを口から摂取しても、
肌に効果的であるという意見もあります。

それはペプチドコラーゲンというコラーゲンで、
これは通常のコラーゲンより分子量が小さく、
体への吸収性が高い事が特徴です。

通常のコラーゲンの場合、体に吸収される際に、
アミノ酸に分解される為、肌にコラーゲンが届くとは限らないのですが、
ペプチドコラーゲンの場合、その一部は血の流れに乗って、
ハリや弾力を保つように指令を出している”らしい”という事が、
最近の研究でわかってきたとも言われています。

この様に食事から摂るコラーゲンは、
肌のハリや弾力に効果がある場合とそうでない場合がある為、
どっちつかずになっているのです。

ただし、コラーゲンを食べる事が”肌に効果的”という意見でも、
取り入れたコラーゲンがそのまま体内のコラーゲンになるわけではない
との認識はあるようなので、
過度に肌に効果があるとは、考えないようにするのが無難でしょう。

肌のコラーゲンを補うならコラーゲンを作る成分を!

食事から摂るコラーゲンは肌に直接還元されるとは限りません。
その為、肌のコラーゲンを増やしてハリや弾力を保つには、
コラーゲンの生成を促進する成分を肌に与えた方が確実です。

それにはビタミンCとレチノール(ビタミンA)が有効です。

ビタミンCはシミの原因であるメラニンの生成を抑える作用がありますが、
コラーゲンが作られる際にコラーゲンの生成を助ける働きもあります。

例えば、出血が止まらなくなる「壊血病」という病気があるのですが、
これはビタミンCが不足する事で、
コラーゲンが生成されないのが原因とされています。

更にレチノールにはターンオーバーの促進がある事で有名ですが、
実はコラーゲンの生成を促進する効果もある事が知られています。

そもそもコラーゲン自体は、肌のターンオーバー時に、
人間の体内で作られるので、肌のハリや弾力を保つには、
コラーゲンそのものを摂るというよりは、
その生成を促進させる成分を肌に与えてあげるのが一番なのです。

まとめ

「コラーゲンは食べるとお肌がプルプルになる!」
と謳われていて、芸能人がテレビでも、
「わぁ、コラーゲンだぁ、お肌プルプル!」
なんて喜んで食べていますが、実はあれも懐疑的です。

更に今ではコラーゲンボールというものまで出回っていて、
値段も5,000円~10,000円するものが多くあります。

しかし、コラーゲンを食べても肌のコラーゲンになるとは限らない
と言われているものを積極的に摂っても、
正直なところ本当に効果的なのか疑問が残ります。

それであれば、肌のコラーゲンが作られる際に、
それを促進してくれる成分が入っているスキンケア製品を使った方が、
肌のハリや弾力を保つにはよっぽど効果的ではないかと思います。

肌のコラーゲン生成を促進するスキンケア製品はコチラ