531849

「私は生理不順ですが、
生理の回数が少なくて楽なので、
あまり気にしていません」

と言う方が結構いるのですが、
生理のリズムに関わる卵巣機能は、
ニキビなどの肌荒れに
繋がりやすいので注意が必要です。

 

もしあなたが生理不順で、
ニキビができやすいのであれば、
それは生理不順が関係している可能性が
かなり高いです。

生理不順はホルモンバランスが崩れている証拠

生理は大体1ヶ月に1回の周期で来ますが、
この周期がバラバラになっていると、
ホルモンバランスが
崩れている可能性があります。

このホルモンバランスが崩れると、
男性ホルモンの分泌量が多くなり、
それに伴って皮脂の分泌量も多くなります

 

こうなると、過剰な皮脂が
毛穴に詰まりやすくなり、
その皮脂をアクネ菌がエサにして、
毛穴が炎症を起こす事でニキビができます。

その為、生理不順が続くと、
ホルモンバランスの崩れも続くので、
ニキビができやすい肌になってしまうのです。

 

生理前に肌荒れが酷くなるのは黄体ホルモンが原因!

ホルモンバランスが崩れていなくても、
生理前に肌荒れが酷くなる方が多くいますが、
これも一種のホルモンバランスの崩れです。

生理の周期をコントロールしているのは、
主に”黄体ホルモン”と”卵胞ホルモン”
という2種類のホルモンです。

 

生理前になると、
黄体ホルモンの分泌量が増えるのですが、
これと同時に皮脂の分泌量も増えます。

皮脂の分泌量が増えると、
毛穴が過剰な皮脂を排出できなくなり、
それが毛穴に詰まって炎症を起こし、
赤く腫れたニキビができやすくなります。

 

生理前は特に皮脂の分泌が過剰になるので、
その際はビタミンCが配合された、
化粧水を使う事がオススメです。

ビタミンCには、
皮脂の分泌量をコントロールする作用があり、
この成分が入った化粧水で
保湿をしてあげると効果的です。

ビタミンCが入った
ニキビにオススメの化粧水は以下。
赤く腫れる大人ニキビ用化粧水「ベルリアン」

生理後は逆に肌の環境が最高になる!?

生理前は黄体ホルモンによって、
ニキビができやすくなりますが、
逆に生理後は、
卵胞ホルモンの分泌量が増えるので、
肌の状態がとても良くなります

 

卵胞ホルモンは別名”美肌ホルモン”
と言われるほど、
肌の調子を良くしてくれるホルモンです。

このホルモンが分泌されると、
肌の水分量を調節したり、
真皮に存在するコラーゲンや
エラスチンの生成量が増えたりして、
肌にハリや潤いなどが出て、
肌荒れも起きにくくなります。

 

ただし、生理不順の場合、
ホルモンバランスが崩れていると、
卵胞ホルモンの分泌量が減少しているので、
生理後でも、
肌荒れの症状はあまり変わらない事が多いです。

 

生理不順を治すには?

生理不順はホルモンバランスの崩れ、
ストレス、不規則な生活習慣など、
様々な原因で起きる為、
「治すにはコレ!」
と断言する事ができないのが本音です。

生理不順でニキビが酷い場合は、
低容量ピルを使って、
ホルモンバランスを整えてあげると、
ニキビができなくなったというのを良く聞きます。

 

実際に私の周りでも生理不順の女性が、
ピルを飲み始めたら、
キレイな肌になったのを見た事があります。

ただし、生理不順は原因が様々なので、
一番良いのは婦人科で診察を受けて、
体質や生活環境に合った
処方をしてもらうのが良いでしょう。

 

まとめ

生理不順になると、
ホルモンバランスが崩れて、
ニキビができやすくなりますが、
その状態で自己流のニキビケアをしても、
あまり意味がありません。

ニキビができるのにも、
ちゃんとした理由があり、
その理由を特定してケアを行なうからこそ、
効果が出てニキビが治っていくのです。

 

その為、もしあなたが生理不順で、
ニキビなどの肌荒れに悩んでいるなら、
まずはその原因を特定して、
それに合った対処方法をしていくのが一番です。

 

ニキビが出来やすい肌を改善するなら、
ビタミンC配合の化粧水がオススメです。
赤く腫れる大人ニキビ用化粧水「ベルリアン」