8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

寒い季節になると空気が乾燥して、
乾燥肌の方にとっては辛いですよね。

朝起きて顔を洗った後に起きる肌のつっぱりや、
1日中、肌がカサカサしてかゆくなったりと、
乾燥肌で良い事など何一つありません。

私自身も乾燥肌で、
冬になると洗顔後に肌が乾燥して、
日焼けの様に顔全体の薄皮がめくれます。

そんな乾燥肌を治す為に、
美容液などを色々と試してみたので、
その経験を踏まえながらお伝えしていきたいと思います。

そもそも乾燥肌を治す美容液なんてあるの!?

乾燥肌を治す美容液なんてあるのか?
と言われれば、正直なところ「ない」と答えます。

なぜなら、乾燥肌にも原因があるので、
美容液だけで簡単に治るものではありません。

もし美容液だけで治るようなものであれば、
多くの方が乾燥肌に悩んでいるわけがありません。

乾燥肌に悩んでいる方は、
ネットでの口コミ等を見ればわかりますが、非常に多くいます。

その為、美容液はあくまでも乾燥肌の改善に繋がる、
治す為の”補助的な役割“を果たすものだと考えています。

なんで乾燥肌は起きるの?

美容液だけでは治らない乾燥肌ですが、
なぜ美容液だけでは治らないのでしょうか?

これは先程もお伝えした通り、
原因が色々あるからです。

何事も問題が起きた時は、
原因を把握しないと解決に繋がりません。

乾燥肌もそれと同じで原因を突き止める必要があります。
そんな乾燥肌の主な原因は、
間違ったスキンケアや乱れた生活習慣があります。

間違ったスキンケア

例えば、クレンジングや洗顔をする際に、
擦るように洗ってしまうと、
本来肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

特にクレンジングや洗顔料には、
油分を落とす為に強い洗浄力を持った成分が入っているので、
擦るように洗ってしまうと、必要な角質層を剥がしたり、
皮脂を取り除いてしまいます。

通常、皮膚表面には皮脂が覆って、肌バリアを作っています。
この皮脂をクレンジングや洗顔で取り除いてしまうと、
肌内の保湿を保っている成分が蒸発しやすくなって、
乾燥肌を引き起こすのです。

乱れた生活習慣

仕事や夜遊びなどで、睡眠不足が続くと、
乾燥肌になる可能性が高まります。

寝ている間というのは、成長ホルモンが分泌されるのですが、
このホルモンは、肌の保湿成分を生成する作用があります。

その為、睡眠不足が続くと、
成長ホルモンの分泌量が低下して、
それと同時に保湿成分の生成量も低下してしまいます。

これによって、肌内の保湿成分が不十分となり、
肌が乾燥しやすくなります。

更に、ダイエットをしていて、
「野菜だけしか食べない」
などの偏った食生活をしている場合も乾燥肌になりやすいです。

私達の肌や体はタンパク質からできているので、
極端なダイエットをしていると、タンパク質が不足して、
肌のターンオーバーが上手く機能しなくなります。

ターンオーバーは成長ホルモンの分泌時に活発になるのですが、
この機能が上手く働かないと、
その分、保湿成分の生成量も落ちてしまいます。

乾燥肌になってしまったらどうすれば良いの?

乾燥肌になってしまった場合、
まずは何故そうなってしまったのか原因を特定しましょう。
そして原因がわかったら、問題点を改善するのが第一です。

その上で、美容液やクリームを使って、
保湿を行なっていけば、乾燥肌が改善されていきます。

私の場合、市販の洗浄力が強い洗顔料を使って、
10年以上、毎日、朝晩顔をゴシゴシ洗っていたので、
それによって肌バリアが失われていたのだと思います。

ただし、私の場合、乾燥肌が現れたのは、
30代になってからだったので、
洗顔方法に加えて、加齢による肌の保湿成分の低下や、
ターンオーバーの周期が遅れ出したのも影響していると思います。

どんな美容液やクリームが効果的だったの?

私の場合は、
セラミド成分が入った美容液やクリームが特に効果がありました。

最初は市販の保湿成分がある化粧水を使っていたのですが、
付けてしばらくすると肌がつっぱり出して、
カサカサしていたので、化粧水はほとんど効きませんでした。

今、考えると、化粧水は化粧”水”というくらいなので、
水で作られている割合が多く、
肌につけてもすぐに蒸発するのは当然です。

唇が乾くと、よく舌で舐めて乾燥を解消させますが、
すぐに乾いてしまうのと同じ原理です。

その一方で、セラミド入りの美容液やクリームを使った時は、
肌が乾燥することなく、1日中しっとりしていました。

セラミドには水分をサンドイッチの様に挟み込んで、
保湿する働きがあるので、高い保水力がある事で有名です。

そこに美容液やクリームに含まれる油分が、
皮膚の表面を肌バリアの様に覆ってくれるので、
肌内の保湿成分が蒸発しにくくなってしっとり感が続いているようでした。

実際に、美容液やクリームを塗った後に肌を触ってみると、
カサカサした感じがなく、しっとりしていました。

まとめ

乾燥肌を治す美容液はありませんが、
それを改善する為に、
美容液やクリームを使う事は必要だと考えています。

私自身、セラミド入りの美容液やクリームを使う事で、
乾燥肌が劇的に良くなったのも事実です。

このスキンケアを行う事で、
洗顔後の肌のつっぱりが劇的に減って、
美容液を付けなくてもある程度平気なぐらい、
乾燥肌が気にならなくなりました。

ですから、もしあなたが乾燥肌に悩んでいるのであれば、
原因を把握して、その改善と共に、
美容液やクリームを使えば、乾燥肌は改善していくと思います。

乾燥肌にオススメの美容液やクリームはコチラ