470185

背中ニキビはできても気付きにくく、
知らず知らずの内に掻いてしまい、
ニキビを潰して悪化させてしまう事が多くあります。

そして気付いた時には背中全体がニキビだらけになって、
更にかゆみが増してニキビを悪化させてしまうのです。

このような事を防ぐ為にも、背中ニキビができてしまったら、
なるべく早めにケアを行なってあげましょう。

かゆい背中ニキビの原因は??

かゆい背中ニキビの主な原因は乾燥にあります。

背中が乾燥していると、
肌バリア機能が低下している証拠なので、
肌内部の保湿成分が蒸発しやすくなります。

そうなると、服や髪の毛などが背中にあたることで、
それが刺激となり、その刺激に対して、
背中の神経が反応して、かゆみが発生しやすくなります。

この乾燥を引き起こす原因が、
入浴時に背中をゴシゴシ洗う事にあります。

体を洗う際は、ボディソープをボディタオルにつけて、
背中をゴシゴシ洗う方が非常に多いのですが、
これをやってしまうと背中が乾燥しやすくなります。

洗浄力の強いボディソープで背中をゴシゴシ洗ってしまうと、
本来、背中の潤いを保つ為に皮膚の表面を覆っている、
皮脂まで取り除いてしまうので、
肌内の保湿成分が蒸発して乾燥しやすくなります。

これを毎日繰り返す事で、
更に乾燥が酷くなって、背中がかゆくなってしまうのです。

背中ニキビは治りにくい!?

背中ニキビは目に見えない箇所にできるので、
自分で意識的に鏡を見て確認しない限り気付きにくいです。

その為、気付いた時には背中がニキビだらけで、
悪化している状態になっている事も多いので、
治るまでに時間が掛かります。

更に背中には、ブラジャーや衣服などが常に触れいている状態なので、
それが背中で擦れて刺激となっている為、
背中ニキビが悪化しやすいというのも治りにくい一因でもあります。

顔だけでなく背中も保湿が必要!

洗顔後に顔の保湿を行なう方は非常に多いのですが、
背中に保湿を行なう方は非常に少ないです。

背中も顔と同じ皮膚なので、ニキビができる仕組みも同じです。
特に背中の場合、皮膚が厚いので、
体を洗った後に背中が乾燥している事に気づきにくいです。

顔の場合、洗顔後に肌がつっぱるなど、
乾燥している事に気付きやすいのですが、
背中の場合はなかなか乾燥に気付きません。

皮膚は乾燥を感知すると、
「これ以上乾燥が起きるとマズイ!」
と反応して、皮脂を過剰に分泌させます。

そして、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって、
背中のマラセチア菌という常在菌が皮脂をエサにして増殖する事で、
毛穴が炎症を起こして背中ニキビができます。

ですから、入浴後には顔だけでなく、
背中も美容液やクリームで保湿をしてあげましょう。

背中ニキビができてしまった場合の対処方法

背中ニキビができてしまった場合、
まずは保湿を心掛けましょう。

背中ニキビができている人の場合、
かなり多くの方が毎日入浴時にゴシゴシ背中を洗っています。

そして、入浴後に保湿をしていない方がほとんどなので、
背中が乾燥肌になっている可能性があります。
その為、入浴後に背中を保湿してあげましょう。

その中でも特にオススメなのが、
背中ニキビ専用の美容液やジェルを使う事です。

この様なスキンケア製品には、
背中ニキビの炎症を抑えて、
ニキビがこれ以上悪化しないようにする成分や、
保湿成分も豊富に含まれいているので、
効率的に背中ニキビのケアをしてくれます。

まとめ

背中のかゆみが続いている場合、
背中ニキビができている事が意外に多くあります。

単純に背中がかゆいからといって、
掻いてばかりいると、
背中ニキビが悪化していく原因にもなるので、
かゆみが続く場合は、一度背中を確認してみてください。

背中ニキビができてしまうと、
常に衣服などが背中に触れている状態なので、
治るのに時間が掛かる事もよくあります。

ですから、背中ニキビを発見した場合は、
なるべく早めにケアをしてあげましょう。

可能であれば、入浴時に背中を確認して、
ニキビができていなかをチェックしながら、
入浴後に保湿をして、背中ニキビを予防していきましょう。

オススメの背中ニキビ専用のスキンケア製品はコチラ