シミが一度できてしまうと、
どんなに早くてもシミが消えるまでに最低でも6ヶ月は掛かるといわれています。

中には消えるまでに数年、最悪な場合は一生消えないこともあります。

それではシミを消すには一体どうすればいいのでしょうか?

私のオススメは、“アンプルールラグジュアリーホワイト”
というスキンケア製品を使うことです。

なぜなら、私自身もシミに悩んでいて、
試しにこのトライアルキットを使ってみたところ、
なんとたった1週間でシミが薄くなったのです!

そこで今回は、
シミを消すにはなぜアンプルールがオススメなのか?
ということを解説していきます。

この記事を読む事で、
あなたのシミも消える可能性が出てくるので、
最後までしっかり読んでくださいね!

 

シミの原因はメラニンが作られてしまうこと!

まずは簡単にシミの原因を把握しておきましょう。

シミができる原因は紫外線を多く浴びたり、
洗顔でゴシゴシ洗ったり、化粧水を付ける時にパンパン叩いたりして、
肌が外部刺激を受けると、
その刺激から肌を守ろうとしてメラニンが生成されます。

そして、このメラニンが肌の奥深くに色素沈着してしまうことで、
シミとなってしまうのです。

このシミを消すには、通常、肌の入れ替わり機能である、
ターンオーバーを繰り返すことで、徐々に色素沈着した肌細胞が剥がれていき、
それに伴いシミも少しずつ薄くなっていくのです。

 

シミを消すにはメラニンの生成を抑えるだけじゃダメ!

シミを治すにはメラニンの生成を抑えながら、
肌の環境を整えて、「肌の入れ替わりを促進させることが必要」
ということがセオリーです。

確かにこの方法が最も王道な方法なのですが、
これだけだと、どうしてもシミが消えるまでに時間が掛かります。

 

じゃあ、シミを消す時間を短縮するにはどうすればいいのでしょう?

 

それはできてしまったシミに直接働き掛けてあげればいいのです。

 

できてしまったシミに直接働き掛けるのがハイドロキノン!

すでにできてしまったシミに直接働き掛けてあげると、
通常より早くシミを消すことが可能になるのですが、
それができるのがハイドロキノンになります。

このハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど、
シミを薄くする力が強い成分です。

だから、この成分が入ったスキンケア製品を使っていけば、
シミを効率的にケアできるということになりますよね。

 

ハイドロキノン入りのスキンケア製品がアンプルール!

このハイドロキノンが入ったスキンケア製品が、
アンプルールラグジュアリーホワイトなのですが、
今回紹介するのは4つのスキンケア製品が入ったトライアルキットになります。

このキットには、
できてしまったシミをケアするスポット集中美容液や、
シミの原因であるメラニンの生成を抑える成分が入った、
化粧水、薬用美白美容液、美容乳液ゲルの4つが入っています。

特にスポット集中美容液には、
ハイドロキノンが最高濃度で入っているので、
すでにできているシミに対して使うと、効果を発揮します。

更にこれに加えて、化粧水、美白美容液、乳液ゲルを使うことで、
メラニンの生成も抑えてくれるので、
この4つでシミを完璧なまでにケアしてくれるのです。

 

私のシミもたった1週間で薄くなった!

この記事の冒頭で見せたように、
アンプルールラグジュアリーホワイトを使う事で、
私のシミも、たった1週間で薄くなりました

これには私自身も凄い驚いて、最初はウソだと思ったのですが、
何度も写真を撮り直して確認してもやっぱり薄くなってたんです。

アンプルールはシミに特化したスキンケア製品で、
この4つをライン使いすることで、こんな短期間で効果が出たのだと思います。

 

まとめ

今回はシミを消すにはアンプルールを使う事がオススメ!
ということでしたが、少しは信じてもらえましたか?

シミはそう簡単に消えるものではありませんが、
たった1週間で薄くなったことを考えると、
効率的にシミをケアしてくれることは間違いないでしょう。

 

私もシミを消すにはどうすればいいのか分からずに、
1年以上も”美白化粧品”と呼ばれるものを使い続けてきましたが、
どれも効果は全くありませんでした。

でも、アンプルールを使ったらたった1週間で効果が出たので、
「これなら私のシミを消してくれるかも?」
と初めてシミに対して希望が持てました。

だから、あなたも私のように、
「シミを消すにはどうすればいいかわからない」
と悩んでいるなら、アンプルールを使ってみるといいかもしれません。

 

とは言っても、やっぱりまだ信じきれない部分もあると思います。

そこで、アンプルールを使った感想を更に詳細書いたレビュー記事があるので、
そちらも読んでもらえば、
更にこの製品の力がわかるんじゃないかと思います。

レビュー記事では、この記事で紹介した画像以外の画像もあるので、
もう少しわかりやすいんじゃないかなと思います。

 

もし興味があれば、参考程度でもいいので読んでみてください。
これホント!?アンプルールを使って目を疑った体験をレビュー