アンプルールラグジュアリーホワイトは、
クリニックレベルの美白実感を目的として、
開発されたスキンケア製品です。

ただ、アンプルールを使うと、
“肌が赤くなる“と言う人も中にはいます。

これはアンプルールの副作用なのですが、
一体どんな人に副作用が出るのでしょうか?

それには“ある共通点”がありました。

そこで今回は、アンプルールを使って、
赤くなる人の共通点について説明していきます。

この記事を読めば、

購入前に、
自分がアンプルールを使っても平気なのか?

ということがわかるので、
最後までしっかり読んでくださいね!

 

アンプルールを使って赤くなる人の共通点は?

アンプルールを使って、
赤くなる人の共通点は・・・

 

敏感肌の人

 

になります。

特にスポット集中美容液である、
コンセントレートHQ110は、
ハイドロキノンが最高濃度で入っています。

ハイドロキノンは、シミの原因である、
メラニンを抑制するだけでなく、
“すでにできてしまったシミを薄くする”
という効果も期待できます。

ただし、ハイドロキノンは、
シミに対する効果が高い分、
刺激も少し強いので、
敏感肌の場合、副作用が出ることがあります。

これは、口コミでも、

「使ったら肌が赤くなった・・・」
「肌がかゆくなった・・・」
「ブツブツができた・・・」

という書き込みが結構あるのですが、
この症状が出た人に共通するのが、
敏感肌タイプの人でした。
(口コミを見たい場合はコチラ

その為、敏感肌の場合は、
スポット集中美容液を使うと、
赤くなる副作用が出る可能性があるので、
使用を避けたほうがいいでしょう。

 

どうしても使ってみたい場合はトライアルキットがオススメ!

敏感肌の場合に、
スポット集中美容液を使うと、
赤くなる副作用が出るかもしれないと言っても、

「シミが薄くなる可能性があるなら使ってみたい!」

と思う場合もあるでしょう。

そのような人は、私個人としては、
あまり使って欲しくないのですが、

「軽い敏感肌だから試してみたい」

という場合はトライアルキットをオススメします。

 

アンプルールのトライアルキットには、
スポット集中美容液の他にも、
化粧水、薬用美白美容液、乳液ゲル
といった3つの製品も入っています。

しかもこの4つが入って、
価格も1,890円とお得です。

通常、このセットを全て揃えると、
3万オーバーしてきます。

因みに各製品の正規の値段は・・・

スポット集中美容液:10,800円
化粧水:5,400円
薬用美白美容液:8,640円
美容乳液ゲル:8,964円

となっていて、
合計すると33,804円となります。

この値段を考えると、
アンプルールトライアルキットの、
1,890円というのは、安すぎません?

因みに、このセットを私も使ったのですが、
なんとたった1週間でシミが薄くなりました!

私の場合は乾燥肌で、
しかも軽い敏感肌だったのですが、
このセットを使っても、”赤くなる”、”かゆくなる”
などの副作用は特にありませんでした。

だから、あくまで私の場合ですが、
軽い敏感肌でも使うことはできたので、

「どうしても試してみたい!」

という場合は、トライアルキットを、
試してみるといいかもしれません。

ただし、少しでも「赤くなるのが怖いなぁ」
と感じるのであれば、止めた方がいいです。

敏感肌なのに、無理に使って、
副作用が本当に出たら余計悲しいですから。

できれば、軽い敏感肌の場合でも、
広範囲にシミがある場合は、
使うのを止めた方がいいです。

広範囲にあればあるほど、
副作用が出るリスクも高まるので。

それでも試してみたい場合は、
以下から公式サイトを確認できるので、
そこで最終判断をしてください。
ラグジュアリーホワイト トライアルキット

もし、トライアルキットを、
使った感想を知りたければ、
以下のレビュー記事も読んでみて下さい。
これホント!?アンプルールを使って目を疑った体験をレビュー