アンプルールって効かないの??

その疑問にお答えします。

いきなり答えを言ってしまうと、

 

効きます

 

なぜなら、私がアンプルールを使ったら、
シミが薄くなったからです。

ただし、もちろん全ての人に
効く訳ではありません

そこで、今回は、アンプルールを使って、
シミに効く人、効かない人について、
解説してみたいと思います。

この記事を読めば、
本当にアンプルールは自分に対して効くのか?
ということがわかるので、
最後までしっかり読んでくださいね!

 

アンプルールがシミに効果が期待できる理由

効く、効かないの前にまずは、

アンプルールが何でシミに効果が期待できるのか?

という理由を簡単に説明します。

アンプルールには、
シミの改善に効果が期待できる、
ハイドロキノンが入っています。

特にスポット集中美容液と呼ばれる、
コンセントレートHQ110には、
最高濃度でハイドロキノンが入っています。

ハイドロキノンは、
シミの原因を抑えるだけでなく、
すでに出来ているシミに対しても
効果がある事から、
“肌の漂白剤”なんて呼ばれるぐらいです。

この成分が入っているので、
アンプルールは、
シミに高い効果が期待できるのです。

 

アンプルールを使っても効かない人

そんなシミに高い効果が期待できる
アンプルールですが、
使っても効かない人はどんな人でしょうか?

それはシミが薄い人です。

シミが薄い人に対しては、厳密に言えば、
効かないというよりも、
効果を実感するまでに時間が掛かる
と言った方が正しいかもしれません。

ハイドロキノンがいくらシミに対して、
高い効果が期待できると言っても、
短期間でシミを完全に消せる訳ではありません。

あくまでも、シミを薄くできる”可能性がある”
ということです。

だから、シミが薄い人がアンプルールを使っても、
効かないと感じることが多くあります。

シミは元々、治すまでに最低でも半年、
長ければ数年、最悪一生治らない
と言われるぐらい消すのが大変です。

その為、いくらハイドロキノンが”シミに効く”
と言われていても、
完全に消すのはそう簡単ではありません。

シミは時間を掛けてじっくりケアしていくことが、
シミを消すのに一番の近道になります。

 

敏感肌の人は使うのを避けましょう

アンプルールの中で、
特にシミに効果が期待できる
スポット集中美容液を使う場合、
敏感肌の人は使うのを避けましょう

ハイドロキノンはシミを薄くする期待がある分、
刺激が少し強めです。

その為、これを敏感肌の人が使うと、
赤みやかゆみ、中にはブツブツができるなど、
副作用が出ることがあります。

だから、もしあなたが敏感肌なら、
スポット集中美容液の使用は避けましょう。

 

アンプルールが効く人

次にアンプルールが効く人についてですが、
これは効かない人の逆ですね。

シミが濃い人です。

私がこれに該当するのですが、
シミが濃いと、
アンプルールは威力を発揮しやすいです。

因みにどのくらい濃いのかと言うと、
大体このぐらいです↓↓

これ、私の左目の所にできたシミなのですが、
このぐらいの濃さには効きました。

大体鏡で自分の顔をパッと見て、
シミがわかるぐらいの濃さですね。

 

まとめ

今回は、アンプルールは効かない!?
という事に対して解説してみました。

あくまでも個人的な見解ですが、
シミが薄い人に関しては効かないというか、
効果を実感しにくいと思います。

一方で上で見せた私のシミぐらいの濃さであれば、
それなりに効果は期待できると思います。

因みに私のシミは、アンプルールを使って、
たった1週間で薄くなりました。

だから、もしあなたのシミが濃い場合、
アンプルールを使えば、
シミが薄くなる可能性は十分あると思います。

今なら初回限定トライアルキットがあるので、
興味があれば試してみるといいかもしれませんよ。
アンプルール トライアルセットはこちら

私が使った結果をもっと詳しく知りたければ、
以下のレビュー記事を読んでみてください。
実際の効果を画像付きで書いています。
これホント!?アンプルールを使って目を疑った体験をレビュー