アンプルールはシミに高い効果が期待できる、
シミ専用のスキンケア製品ですが、
肌に合わない人というのはもちろんいます。

更にその中でも、アンプルールが
肌に合わない人には特徴があります。

そこで今回は、

どんな人がアンプルールを使うと、
肌に合わないのか?

ということをお伝えしていきます。

この記事を読むことで、
この製品を購入する前の
ミスマッチを防ぐことができるので、
最後までしっかり読んでくださいね!

 

アンプルールで副作用が出やすい製品は?

アンプルールには主に4つの製品があります。

・スポット集中美容液
・化粧水
・薬用美白美容液
・美容乳液ゲル

この中でも特に副作用がでやすいのが、
スポット集中美容液になります。

 

この美容液には、シミに効果の高い、
ハイドロキノンが最高濃度で入っています。

その為、刺激が少し強く、
副作用が出る人がいます。

今回は、この製品に対して、
肌に合わない人の特徴を説明します。

 

アンプルールが肌に合わない人はどんな人?

スポット集中美容液が、
肌に合わない人の特徴は・・・

敏感肌の人

になります。

敏感肌の人の肌というのは、
乾燥肌が悪化した状態なので、
肌を覆う皮脂バリアが壊れています。

この皮脂バリアは実は、
紫外線などの外部刺激から、
肌を守ってくれる役割をしています。

ところが、この皮脂バリアが壊れていると、
紫外線や化粧品などの成分が、
外部刺激となって肌の奥に入ってしまうので、
それらが神経を刺激して、
かゆみや炎症がおきやすくなるのです。

その為、敏感肌の人が、
スポット集中美容液を使うと、
高濃度なハイドロキノンが肌を刺激して、
赤み、かゆみ、ブツブツなど、
肌荒れが起きる人がいます。

だから、敏感肌の人にとっては、
スポット集中美容液は、
肌に合わないことがあります。

 

敏感肌の人はまず乾燥を治しましょう!

敏感肌だと、どんな化粧品を使っても、
炎症やかゆみが起きやすいですよね。

これだと何を使っても、
効果を実感する前に肌荒れが起きてしまい、
何のスキンケアもできなくなってしまいます。

だから、まずは敏感肌の改善を目指しましょう!

敏感肌の場合にオススメなのが、
ワセリンとセラミド配合の
美容液やクリームです。

敏感肌は、乾燥肌が悪化している状態なので、
肌内の保湿成分が失われている状態です。

そこで、保湿力が最高のセラミドを
使ってあげると、
肌内部の保湿力維持がパワーアップします。

次にワセリンですが、
これは肌内部の保湿力を閉じ込めて、
逃がさない性質があります。

例えば、皮膚科で敏感肌用の薬を処方される場合、
ワセリンが処方されることが頻繁にあります。

そのくらい、
ワセリンは保湿に優れている証拠です。

だから、セラミドで肌内部の保湿成分を高めて、
ワセリンでそれが蒸発しないように閉じ込める。

この最強コンボで肌を保湿してあげると、
敏感肌の改善が期待できます。

そんな敏感肌の改善が期待できる美容液は、
こちらの記事で確認できます。

 

まとめ

今回、アンプルールが、
肌に合わない人の特徴をお伝えしました。

スポット集中美容液はシミに対して、
高い効果が期待できる分、
刺激も少し強めになっています。

それ以外の、
化粧水、美白美容液、乳液ゲルに関しては、
スポット集中美容液のように刺激は強くないので、
敏感肌でも使うことができると思います。

もし、これらの製品に興味があるなら、
お得なトライアルキットがあるので、
まずはそれから試してみるといいでしょう。
美白ケアトライアルキット

このトライアルキットを使った感想を知りたければ、
以下のレビュー記事を読んでみてください。
これホント!?アンプルールを使って目を疑った体験をレビュー