乾燥肌の人の場合、
乾燥が気になって、
過剰にスキンケアを行う事があります。

洗顔後に化粧水を付けて、
その後に乳液、クリーム、美容液
といった順番で塗る人が多くいます。

確かに乾燥肌の場合は、
皮脂の分泌量が少なすぎて、
肌バリアが出来ていない状態です。

その肌バリアを補う為にも、
油分が入った
スキンケア製品を使うのは必要です。

ただ、過剰に使いすぎても、
肌がテカッてしまうので、
そんなにたくさん塗る必要はありません。

 

乳液は多少の油分を補う程度

「乳液って何で使ってるの?」

と聞くとほとんどの人が、

「何となく付けた方が肌に良さそうだから」

という曖昧な理由で使っています。

乳液には油分が含まれているのですが、
クリームや美容液ほどではありません。
その為、少し水っぽいですよね。

ちょうど化粧水とクリームの中間でしょうか。
だから、ぶっちゃけた話、
化粧水とクリームか美容液を持っていれば、
乳液は特に必要ありません。

あとは好みの問題で、
好きな方を使えばいいと思います。

 

乾燥肌は付ける種類よりも成分重視!

乾燥肌を解消する為に、
化粧水、乳液、クリーム、美容液など、
多くの種類を使う人がいますが、
正直なところ、種類は関係ありません。

注意すべき点は、

成分に何が使われているのか?

ということです。

乾燥肌になっている場合は、
肌内の保湿成分が蒸発している状態なので、
まずはその保湿成分を補う事が第一です。

 

人間の肌内を保湿している大部分は、
セラミドです。

このセラミドが保湿の80%を担っている
と言われるぐらいです。

しかもセラミドは保湿成分の中で、
最も高い保湿力を持っています。

更にセラミドは、
元々人間の体内に存在する成分なので、
アレルギー反応も起こりにくいです。

だから、乳液にせよ、クリームにせよ、
セラミドが入った製品を使うのが一番です。

 

乾燥肌にはセラミド入りのクリームか美容液

乾燥肌になっている状態の肌は、
肌バリアが壊れていて、
肌内の保湿成分が蒸発している状態です。

だから、セラミドで肌内を保湿して、
その上にクリームや美容液の油分を使って、
肌表面にバリアを作ってあげるのが先決です。

 

その状態を作ってあげると、
肌内で作られる保湿成分が蒸発しなくなり、
段々と肌が潤うようになって、
乾燥肌が改善されていきます。

その為、乾燥肌を改善するには、
特に乳液は必要なく、
セラミド入りのクリームか美容液があれば、
それだけでも乾燥肌は治ります。

実際に私も乾燥肌だったのですが、
セラミド入りのクリームや美容液を使っていたら、
普通に乾燥肌が治りましたから。

 

まとめ

今回は「乾燥肌に乳液は必要なし!」
なんて大きく言いましたが、
極端に言えば、
使われている成分で判断するのが一番です。

セラミドが入っているものであれば、
乳液でも特に問題ないでしょう。

 

ただ、私が実際に使った感想としては、
クリームや美容液だけでも、
全く問題ありませんでした。

だから、乾燥肌だからといって、
乳液、クリーム、美容液を全て使っても、
あまり意味はありません。

 

むしろ、お金のムダになるので、
どれか1つで十分です。

因みに私の乾燥肌を治したクリームや美容液は、
以下の記事で紹介しているで、
興味があれば是非、読んでみてください。
乾燥肌・敏感肌に悩む人の為のスキンケア製品特集

どれも格安なのに効果は最高ですよ。