cri_img_6067_tp_v

アゴやフェイスラインは、
大人ニキビができやすい箇所です。

しかも繰り返す事が多く、
このニキビに悩まされている人は多くいます。

そこで今回は、
アゴやフェイスラインで繰り返すニキビの、
原因や予防法を紹介していきます。

*目次内の項目を押すと希望の項目に飛びます。

アゴ、フェイスラインにニキビができる原因は?

アゴやフェイスラインにニキビができる主な原因は、
ホルモンバランスの崩れ、スキンケア不足、
外部からの刺激の3つがあります。

ホルモンバランスの崩れ

アゴやフェイスラインにできる大人ニキビは、
ホルモンバランスに影響されると言われています。

例えば生理周期がそれにあたります。
生理は卵胞ホルモンと、
黄体ホルモンの分泌によって起こります。

特に黄体ホルモンは、
皮脂の分泌を促進する作用があります。

その為、「生理前になると急に肌荒れを起こす」
という人は、この黄体ホルモンの分泌が多くなり、
余分な皮脂が毛穴に詰まって、
アゴやフェイスラインにニキビができやすくなります。

更に、生理以外にも、
強いストレスを受けたり、睡眠不足になると、
自律神経が乱れて、男性ホルモンの分泌が多くなります。

そうなると、通常時に比べて、
皮脂の分泌量が多くなり、
毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まって、
アゴやフェイスラインに、
ニキビができる原因になります。

スキンケア不足

アゴやフェイスラインにニキビを繰り返す場合、
スキンケア不足が原因である事が多いです。

アゴやフェイスラインというのは、
頬などに比べて、洗顔や保湿が、
行き届かない事が多くあります。

例えば、洗顔をし終わった後に鏡を見てみると、
アゴの裏に泡が残っている事はありませんか?

そして、その泡を洗い流さずに、
タオルで拭き取っていたりしませんか?

皮脂や汚れが入った洗顔料を、
洗い流さずにタオルで拭いてしまうと、
その汚れが毛穴に戻ってしまいます。

この様な事を繰り返すと、
毛穴の汚れが取りきれずに、
古い角質が固まってしまい、
ニキビができやすくなります。

また、アゴやフェイスラインは、
スキンケアが行き届かない事も多い為、
保湿不足になって、乾燥しやすくなります。

肌が乾燥してしまうと、
「乾燥した状態を防かなくては!」
という作用が働いて、
皮脂の分泌を過剰に行ってしまいます。

この分泌が過剰になることで、
毛穴に皮脂や汚れが詰まり、
炎症を起こして大人ニキビができてしまいます。

外部からの刺激

アゴやフェイスラインというのは、
無意識の内に手で触ってしまう事が多くあります。
例えば頬杖などが良い例です。

アゴやフェイスラインを触ってしまうと、
肌がその刺激から守ろうとする作用が働き、
角質がどんどん固くなっていきます。

角質が固くなってしまうと、
本来、剥がれるべき古い角質が、
剥がれ落ちなくなって、
毛穴に詰まり、ニキビの原因となってしまいます。

これ以外にも、髪の毛が、
フェイスラインに触れると、
髪の毛に付いている雑菌が、
フェイスラインにも付いてしまい、
肌荒れの原因にもなります。

アゴやフェイスラインのニキビ予防はどうすればよい?

アゴやフェイスラインのニキビを予防するには、
スキンケアをしっかり行う事が重要です。

洗顔時にアゴやフェイスラインの汚れも、
丁寧に洗い流して、
化粧水や美容液でしっかり保湿をする事です。

それ以外にも、
できるだけ、趣味などでストレスを発散したり、
睡眠をしっかり取る事も、
ニキビの悪化を防ぐ事ができるので重要です。

もし、アゴやフェイスラインのニキビを、
繰り返す事があるのであれば、
スキンケアが不足していないか、
ご自身で確認してみてください。

Uゾーンのニキビに悩んでいる方には以下の記事が人気です。
ニキビに悩む方の為のスキンケア製品特集