乾燥肌になっていると、
常にカサカサしていて、
皮もめくれたりするので、
悩ましいですよね。

 

そんな悩ましい乾燥肌に、
エタノールなどの
アルコール類は大敵です。

そこで今回は、
乾燥肌に大敵なエタノールについて、
少し考えてみたいと思います。

 

昔懐かしのエタノール!

エタノールといえば、
学生の時に、化学の実験で使った、
アルコールがありますよね。

あれがエタノールです。

 

肌に付けると、
スースーして、
すぐに蒸発しますよね。

 

乾燥肌にエタノールが大敵なのは、
このすぐに蒸発する部分にあります。

乾燥肌の状態で、
エタノールが肌に付くと、
蒸発する際に、
肌内の水分も蒸発させてしまい、
乾燥が悪化してしまうのです。

 

そうなると、乾燥肌の場合、
ただでさえ、
肌内部の水分量が少ないのに、
エタノールで更に蒸発してしまうと、
乾燥肌が悪化して、
敏感肌になる可能性もあります。

因みに、エタノールは、
別名、”エチルアルコール”
と呼ばれるので、
この成分が化粧水などに入っていると、
乾燥肌に良くないので注意が必要です。

 

アルコールじゃないエタノール?

化粧水などの成分を見ていると、
“フェノキシエタノール”
という成分を見かけることがあります。

 

この名前を見ると、

「エタノールって書いてあるから危険?」

なんて疑ってしまうのですが、
実はこの成分は、
アルコールのエタノールとは別物で、
防腐剤になります。

 

その為、フェノキシエタノールが入っている
化粧水を使っても、
スースーすることはないので、
この成分に関しては、
乾燥肌を悪化させる可能性は、
かなり低いでしょう。

 

乾燥肌を改善するなら?

乾燥肌にエタノールは大敵なので、
化粧水などの成分に、
エタノールが入っている場合は、
なるべく避けましょう。

 

そして、乾燥肌を改善するのに
オススメなのが、
セラミド入りの美容液かクリームです。

 

なぜなら、セラミドには、
水分をサンドイッチのように挟み込んで、
逃がさない性質があるので、
保湿力に非常に優れています

更にセラミドは、
元々、人間の肌に存在する成分なので、
アレルギー反応も起こりにくい為、
乾燥肌や敏感肌には特におススメです。

 

また、美容液やクリームには、
油分が入っているので、
肌表面をその油分が覆って、
肌内部の保湿成分を
閉じ込める働きをしてくれます。

 

その為、セラミド入りの
美容液やクリームを使うと、
セラミドで肌内部をしっかり保湿して、
油分で肌表面をコーティングすることで、
保湿成分の蒸発を防ぎ、
それが乾燥肌の改善につながるのです。

 

まとめ

乾燥肌にエタノールは大敵ですが、
乾燥肌専用の、
クリームや美容液を使えば、
“エタノールが入っている”
という事はないと思うので、
基本的には心配する必要はないでしょう。

 

もしかしたら、
フェノキシエタノールが、
入っているかもしれませんが、
それはアルコールの
エタノールとは別物なので、
そこまで心配する必要もないでしょう。

 

ただ、乾燥肌を改善するなら、
セラミド入りの美容液やクリームが、
一番効果を発揮しやすいので、
そのようなスキンケア製品を
使ってあげると、
乾燥肌の改善につながるでしょう。

 

そんな、乾燥肌に有効な、
セラミド入りの美容液やクリームはコチラ

どれも格安で試すことができます。