乾燥肌洗顔しない方が良い!

 

こんな都市伝説にご注意を!

 

乾燥肌の場合、
肌バリアが壊れているので、
“洗顔しない方が良い”
なんてことが言われていますが、
そんことはありません。

乾燥派であっても、
洗顔は必要です!

 

洗顔しない方法はアリなの?

乾燥肌は洗顔しない方が良い!

なんてことが言われるのですが、
洗顔しない方法はアリなのでしょうか?

 

一般的に、乾燥肌の場合、
確かに肌表面を覆う、
皮脂膜がない、もしくは極端に薄い為、
肌内部の保湿成分が蒸発している状態です。

 

だから、洗顔をしない方が、
肌バリアを取り除かなくて済むので、
乾燥肌の改善につながるのでは?
なんて思ってしまいます。

 

確かに、これも一理あるのですが、
洗顔しない状態が続くと、
乾燥肌以外の問題が出てきます。

それが、ニキビになります。

 

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まって、
それをアクネ菌がエサにして増殖すると、
毛穴が炎症を起こして、
赤く腫れたニキビができてしまいます。

 

乾燥肌の場合、
皮脂が少ないといっても、
“完全に皮脂が出ない”
ということはありえません。

その為、洗顔をしないで、
そのまま放置しておくと、
皮脂や汚れが溜まっていき、
それが毛穴詰まりを起こして、
ニキビができやすくなります。

 

また、洗顔しない状態が続くと、
古い角質が肌表面に残ってしまい、
くすみの原因になったり、
ハリやツヤがなくなったりと、
肌トラブルが多くなります

だから、乾燥肌であっても、
“洗顔しない”
という選択肢は基本的にありません。

 

洗顔回数を減らすのはアリ!

乾燥肌の場合、洗顔しない事を続けると、
別の肌トラブルが起きやすくなります。

このようなトラブルを避けて、
乾燥肌を改善するには、
洗顔料を使う洗顔の回数を
減らすのがオススメです。

 

洗顔料は、汚れや皮脂を洗い流す分、
乾燥肌にとっては、洗浄力が強すぎて、
肌バリアが壊れてしまいます。

ただ、洗顔をしないと、
別の肌トラブルが
起きる可能性が高くなるので、
それを避ける為には、
夜だけ洗顔することがオススメです。

 

夜、お風呂に入った時に、
洗顔料を使って、
1日の汚れや皮脂を
キレイに洗い流してあげましょう。

そうすれば、
ニキビや肌荒れ予防になります。

 

そして、朝は洗顔料を使わずに、
水で洗顔をするだけで十分です。

夜に洗顔料でキレイに洗えば、
寝ている間というのは、
ほとんど肌は汚れません。

 

その為、朝は水洗顔だけにすると、
寝ている間に作られた皮脂膜を
洗顔で壊さずに済むので、
これが乾燥肌の改善につながります。

 

このような方法を取れば、
“乾燥肌だから洗顔しない”
なんてことをしなくても、
乾燥肌を改善できます。

 

洗顔後はしっかり保湿を!

乾燥肌の場合、洗顔料を使って、
洗顔をするのは夜だけで十分です。

ただし、洗顔をした後は、
しっかり保湿をしましょう。

 

洗顔料を使って洗顔をした後は、
肌バリアが取り除かれている状態で、
一番乾燥しやすい状態になっています。

その為、洗顔後には、
必ず保湿が必要なのですが、
その際にオススメなのが、
セラミド入りの美容液かクリームです。

 

まず、セラミドは、
水分をサンドイッチのように
挟み込む働きがあります。

その為、保湿力に非常に優れていて、
乾燥肌を治すには最適な成分です。

また、セラミドは、
元々、人間の肌に備わっているので、
アレルギー反応も起きにくく、
敏感肌の改善にも力を発揮するくらい
優秀な保湿成分です。

 

更に、美容液やクリームには、
油分が入っているので、
保湿成分を肌内部に浸透させながら、
肌表面を油分で覆ってくれます。

この働きによって、
肌バリアと同じ働きをして、
保湿成分を肌内部に閉じ込めてくれます。

 

だから、セラミド入りの、
美容液かクリームを使う事は、
乾燥肌の改善につながるのです。

 

まとめ

“乾燥肌は洗顔しない方が良い”
と言われることがあるのですが、
上記で説明したように、
別の肌トラブルの原因となるので、
基本的には、
洗顔しない方が良いという事はありません。

 

ただ、洗顔のし過ぎも良くないので、
洗顔料を使った洗顔は
夜の1回だけで十分でしょう。

そして、洗顔後には、
しっかり保湿をしてあげることで、
乾燥肌の改善を効果的にできるので、
必ず保湿はしてあげましょう。

 

その時に、特におススメなのが、
セラミド入りの美容液かクリームなので、
もし、乾燥肌に悩んでいるなら、
このようなスキンケア製品も、
併せて使ってあげましょう。

オススメの、セラミド入りの
美容液やクリームはコチラ