乾燥肌痛痒い!?

それ、多分敏感肌かも!

 

乾燥肌になると、
肌がカサカサしたり、
つっぱたりするのですが、
痛痒いとなると、
乾燥肌が悪化して、
敏感肌になっているかもしれません。

 

乾燥肌が痛痒くなるのはなぜ?

乾燥肌になっている状態というのは、
肌表面の肌バリアが壊れている状態です。

 

健康な肌の場合、
肌の表面を薄い皮脂膜が覆って、
肌バリアの役割を担っています。

つまり、この皮脂膜がある事で、
肌内部の保湿成分が
蒸発するのを防いでいるのです。

 

しかし、乾燥肌の場合、
この肌バリアが壊れている状態なので、
肌内部の保湿成分が蒸発してしまい、
肌がカサカサになっています。

 

更に、乾燥肌が痛痒い場合は、
肌内部の保湿成分が蒸発しきってしまい、
紫外線や化粧品などの成分が、
肌の奥深くに届いて、
神経を刺激している可能性が高いです。

 

これは、敏感肌によくある症状なので、
“乾燥肌で痛痒い”という場合は、
乾燥肌が悪化して、
敏感肌になっている可能性が高いです。

 

痛痒い乾燥肌を改善するには?

乾燥肌が痛痒い場合、
敏感肌になっている可能性が高いです。

これを改善するには、
とにかく保湿をすることが重要です。

 

先ほども伝えたように、
乾燥肌が痛痒いと、
肌表面の肌バリアが壊れて、
肌内部の保湿成分が蒸発している状態です。

その為、まずは肌内部を保湿して、
紫外線などの外部刺激が、
肌の奥深くに届かないように、
壁を作ります。

 

そして、更に肌の表面に、
皮脂の代わりとなる物を作って、
紫外線などが肌内部に入らないように、
肌バリアの役目をさせる必要があります。

こうすることで、
健康な肌と同じ状態を作り出せば、
“乾燥肌が痛痒い”
という状態を改善することができるでしょう。

 

痛痒い乾燥肌にオススメのスキンケアは?

痛痒い乾燥肌を改善するには、

・肌内部を保湿する
・肌表面に肌バリアを作る

ということが重要です。

 

これを実現する為に、
オススメのスキンケアが、
セラミド入りの美容液か
クリームを使うことです。

 

まず、セラミドの場合、
水分を挟み込んで、
逃がさない性質があるので、
保湿力が非常に優れています。

その為、痛痒い乾燥肌や、
敏感肌の改善には、
最適な保湿成分となっています。

 

更に、痛痒い乾燥肌の場合、
敏感肌になっている可能性があるので、
化粧水などの成分によって、
かゆみなどのアレルギー反応が
出る可能性があります。

しかし、セラミドの場合、
元々、人間の肌に備わっている成分なので、
“アレルギー反応が起きにくい”
という性質を持っています。

この事からも、セラミドは、
痛痒い乾燥肌に対して、
大きな力を発揮してくれるでしょう。

 

更に、美容液やクリームの場合、
油分が含まれているので、
それが肌表面を覆うことで、
肌バリアの役割をしてくれます。

 

だから、セラミド入りの、
美容液やクリームを使うことは、
痛痒い乾燥肌を改善するには、
最適なスキンケアなのです。

 

また、敏感肌や、痛痒い乾燥肌の場合は、
アレルギー反応が起きにくい、
ワセリン入りのスキンケア製品を使うのも、
効果が高いでしょう。

 

まとめ

乾燥肌が痛痒くなっていると、
かなり酷い乾燥肌である可能性が高いです。

その為、なるべく早く処置をしないと、
完全な敏感肌になってしまい、
辛さが倍増してしまうでしょう。

 

そんなことを防ぐ為にも、
まずはセラミド入りの美容液や、
クリームを使って、
スキンケアをしていく事で、
痛痒い乾燥肌の悪化を食い止めて、
改善の方向へ持っていきましょう。

 

そんな、痛痒い乾燥肌の改善に
オススメの美容液やクリームはコチラ