cfebb1713f0b84ad91967609054a790f_s

「寝る子は育つ」

1日の内で最も成長ホルモンが分泌されるのが、
23時~3時頃と言われています。

そのせいか、子供の頃は「21時前には寝なさい!」
なんてよく言われていました。

「寝る子供は良く育つ」と言われますが、
実は肌も寝ることで育ちます。

寝ている間というのは、
肌の新陳代謝が最も活発で、
肌のハリや弾力を
維持するコラーゲンが作られるからです。

寝ている間には肌に何が起きているの!?

寝ている間の最も特徴的な事は、

「成長ホルモンとメラトニンの分泌」

になります。

これら2つが分泌されることで、
肌組織の修復や体の老化防止を、
行ってくれるのです。

成長ホルモンの分泌

寝ている間には、
成長ホルモンが多く分泌されています。

成長ホルモンには、疲労回復の他、

肌組織の修復
肌内の水分維持
新陳代謝の促進
ターンオーバーの活性化

など、肌にとって非常に重要な
役割を果たす機能を
高める作用があります。

特に肌のターンオーバーは、
眠りに入ってから3~4時間後
一番活発になると言われています。

メラトニンの分泌

メラトニンは、
「睡眠ホルモン」とも呼ばれていて、
体温を下げたり、
自律神経を整えたりして、
体をリラックス状態にしてくれる
作用があります。

また、メラトニンは、
目覚めてから13~16時間ぐらい経つと
徐々に増えてきて、
体を休息モードに変えていきます。

ですから朝7時に起きたとすると、
20時~23時頃にメラトニンの分泌が増えて、
体を休ませようとして眠くなり始めます。

更にメラトニンには、
強い抗酸化作用があって、
体の老化を引き起こす元と言われている、
活性酸素を除去する作用があります。

その為、成長ホルモンと同時に、
肌の修復などを助けてくれます。

眠りのゴールデンタイムは23時~3時!?

23時頃~3時の間は、
最も成長ホルモンや
メラトニンの分泌量が多くなるので、
「眠りのゴールデンタイム」
なんて呼ばれていましたが、
最近の研究結果では
そこまで関係ないようです。

実は成長ホルモンと
メラニンの分泌量がピークになるのは、
眠りについてから3~4時間後
という説があります。

その為、眠りに入ってから、
3~4時間の間に熟睡できていれば、
そこまで寝る時間は関係ないと言われています。
(もちろん諸説あります。)

ただし、規則正しい生活が、
肌に良い影響を与えるのは
ゆるぎのない事実なので、
23時頃に寝る事ができれば、
より良い事は確かです。

以上が、肌荒れと睡眠の関係になりますが、
睡眠というのは肌だけでなく、
健康そのものに必要不可欠です。

睡眠をしっかりとる事で、
肌荒れの回復、身体的疲労回復
などに繋がって、
毎日をイキイキと過ごす事ができます。

現代社会では夜遅くまで起きている事が
当然のようになっていますが、
日の出と共に起きて、日の入りと共に眠る
これが健康の基礎である事は間違いありません。

少しでも睡眠に対して意識をすれば、
体はもちろん、お肌も健康になっていくでしょう。