・顔の黒ずみ
・脇の黒ずみ
・ひじ、ひざの黒ずみ
・デリケートゾーンの黒ずみ

 

黒ずみは色んな個所にできますが、
実は黒ずみの原因は、
どこも似たり寄ったりです。

そこで今回は、
この黒ずみについて、
色々とお伝えしていきます。

 

黒ずみの原因ってなに?

そもそも黒ずみの原因って、
一体何なんでしょうか?

 

黒ずみの主な原因は、

・毛穴汚れ
・肌への刺激

といった2種類に分けられます。

 

毛穴汚れ

毛穴が汚れると、
黒ずみになるのですが、
これは主に顔の黒ずみになります。

 

例えば、顔には、

・汗や皮脂などの汚れ
・化粧品の残りかす

といったものがくっついていて、
それが毛穴に詰まると、
角栓となります。

 

そして、この角栓が毛穴から飛び出ると、
飛び出た部分が空気に触れて酸化し、
それが黒くなって黒ずみとなります。

 

その為、
このような黒ずみを解消するには、
日々の洗顔を丁寧に行って、
保湿をしていくことで、
肌のターンオーバーを
促進させるといいでしょう。

 

こうすることで、
肌環境が整って、
古い角栓が剥がれ落ちて、
黒ずみのない、
キレイな肌を実現可能になります。

 

肌への刺激

黒ずみでもっとも多いのが、
この肌への刺激になります。

 

特に、肌への刺激によって、

・脇の黒ずみ
・ひじ、ひざの黒ずみ
・デリケートゾーンの黒ずみ

といったことが起きやすくなります。

 

例えば、
脇やデリケートゾーンの場合、
脱毛をしますよね。

 

このような脱毛は、
エステサロンでの脱毛にせよ、
自宅での脱毛にせよ、
肌へ刺激を与えることになります。

 

肌は刺激を受けると、
その刺激が肌の奥に入るのを防ぐ為に、
肌の基底層という層で、
メラニンを作ってバリアを張ります

 

これによって、
肌を守ってくれているのですが、
このメラニンには、
黒い色素が付いています。

だから、その色素が肌に沈着して、
黒ずみとなって現れるのです。

 

もちろん、ひじやひざも、
頬杖を突いたり、
膝で立ったりする際に、
それが刺激となるので、
同様に黒ずみができていきます。

 

黒ずみを解消するには?

毛穴の汚れや刺激によって、
黒ずみができるのなら、
それらの黒ずみは、
どうやって改善していくのでしょうか?

 

毛穴汚れによる黒ずみの解消方法

毛穴汚れによる黒ずみの場合、
先程もちらっとお伝えしたように、

・洗顔による毛穴汚れの除去
・保湿によるターンオーバーの促進

といったことが重要になってきます。

 

特に洗顔は、汗や皮脂などの汚れが
毛穴に詰まりやすいので、
夜は必ず、その日1日の汚れを
キレイに洗い流してあげましょう。

 

ただし、洗顔をする際は、
正しいやり方で顔を洗わないと、
逆に刺激を与えしまう事になります。

だから、丁寧に優しく、
顔を洗うようにしましょう。

正しい洗顔の仕方はコチラ

 

あとは、ダブル洗顔不要の、
クレンジング剤などを使うと、
肌への刺激も抑えられるので、
オススメです。

黒ずみやくすみ専用の
スキンケア製品特集はコチラ

 

肌への刺激による黒ずみの解消方法

肌への刺激によって、
黒ずみが出来ている場合は、
まずは出来る限り、
肌への刺激を防ぐ事です。

 

例えば、脱毛をした際は、
抗炎症作用のある、
スキンケア製品を使って、
炎症を最小限に食い止めるのが良いでしょう

 

更に、デリケートゾーンに関しては、
優しい付け心地の下着に変えたり、
お手洗いの時に優しく拭くなど、
とにかく刺激を与えない事が重要です。

 

更に、これらの事に加えて、
メラニンの生成を防ぐ作用がある、
スキンケア製品を使うのもオススメです

 

このようなスキンケア製品を使うことで、
黒ずみの原因となる、
メラニンを予防することができるので、
少しずつ黒ずみを
改善することが可能になるでしょう。

 

しかも、黒ずみの場合、
黒ずみが出来る場所によって、
それ専用のスキンケア製品があるので、
そのような物を使うと、
より効果的に黒ずみのケアができるでしょう。

 

脇、肘、膝の黒ずみ専用の
オススメのスキンケア製品はコチラ

デリケートゾーンの黒ずみ専用の
オススメのスキンケア製品はコチラ

 

まとめ

今回は、体の各部位にできる、
黒ずみの原因や対処方法について、
お伝えしてきました。

 

基本的にどの部位であれ、
黒ずみが出来る原因は、

・毛穴汚れ
・肌への刺激

といった事が原因になるので、
まずはこれらの原因を
取り除く事から始めて、
それと併せて、
黒ずみ専用のスキンケア製品を使うと、
より効率的に黒ずみの解消へ
つなげることができるでしょう。