488524

「洗顔後に肌が突っ張る感じがする」
「冬になると肌がカサカサする」
「皮膚が日焼け後みたいに剥ける」

これらは乾燥肌を持つ人の特徴で、
この様な症状が肌に出ている場合、
あなたは乾燥肌の可能性が高いです。

更に、風や髪の毛が肌にあたると、
かゆくなったり、痛くなったりする。

化粧水やファンデーションを付けると、
かゆくなったり、赤くなったりする。

というのであれば、
乾燥肌よりも酷い敏感肌かもしれません。

乾燥肌を持つ人の肌の特徴は、
皮膚の表面の肌バリアが無くなって肌内の水分が蒸発している
という事が主な特徴になっています。

肌バリアとは?

肌バリアとは、皮膚の表面にある油膜の事です。
この油膜は肌の皮脂である事がメインで、
これ以外には乳液や美容液などで人工的に作る油膜もあります。

肌バリアがなくなる原因は?

肌バリアがなくなってしまう原因は様々ですが、
一番多い理由としては、

・間違ったスキンケア
・乱れた生活習慣

この2つが主な原因である事が多いです。

間違ったスキンケア

これは女性、男性共に多いのですが、
洗顔時にゴシゴシ顔を洗ってしまう事です。

本来、洗顔は空気中に舞うホコリ、汗、
過剰に分泌された皮脂などを、
キレイに洗い流す目的で行いますが、
洗顔時にゴシゴシ洗ってしまうと、
肌バリアとして必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

この肌バリアがなくなってしまうと、
肌内を保水しているセラミド等の成分が蒸発してしまい、
肌が乾燥してしまいます。

乱れた生活習慣

睡眠不足や栄養が偏った食事を続けていると、
肌を構成している肌細胞に栄養が届かず、
新しい肌細胞が生まれにくくなってしまいます。

この肌細胞は、肌の入れ替わりを行うのに必要な細胞で、
これが不足してしまうとターンオーバーの周期が遅れて、
肌の古い角質が落ちなくなってニキビなどの原因になります。

更に、この細胞が作られて、
ターンオーバーが行われていく過程で、
肌の保湿成分であるセラミドも生成されます。

ターンオーバーの周期が遅れてしまうと、
セラミドの生成量も少なくなってしまうので、
肌内の保湿成分が不十分になって、乾燥肌を引き起こします。

これらが乾燥肌の主な特徴になります。

乾燥肌を改善するには?

乾燥肌を改善する為に必要な事は、
とにかく保湿をすることです。

乾燥肌の特徴は、肌バリアが無い事なので、
まずはセラミドが入った化粧水で、
肌の保湿成分を補ってから、乳液などで皮膚表面に油膜を張って、
保湿成分を閉じ込めて蒸発させないようにする事が大事です。

セラミド成分が入った乳液や美容液であれば、
肌内の保湿をしながら、
皮膚の表面に膜を張ってくれるので一石二鳥です。

ただし、市販の化粧水等はセラミド成分など、
保湿成分が含まれている量が少ない為、
乾燥肌の方には効果が少ない事が多い様です。

その為、もし市販の化粧水や乳液等を使っても、
乾燥肌が改善されない場合は、
セラミド成分がしっかり入った、
スキンケア商品を選ぶ事が必要かもしれません。

以下に乾燥肌に悩む方にオススメのスキンケア製品を紹介するので、
よろしければチェックしてみてください。
乾燥肌・敏感肌に悩む人の為のスキンケア製品特集