fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

市販の化粧水をドラッグストアなどで見ると、
よく目にするのが「さっぱり」「しっとり」です。

これってなんだかよくわかりませんよね。
どっちにどのような効果があるのか不明です。

「しっとり」の方は「何となく保湿に良さそう」
と感じ取れるのですが、「さっぱり」の方は・・・って感じですよね。

そもそも洗顔が終わった後にさっぱりしているので、
化粧水を付けてさっぱりしてもね・・・

恐らく「肌に塗った後にベタつかない」
という意味で表示しているのだと思います。

そうなると「だったらしっとりの方はべたつくの?」
と次は思ってしまいますよね。

こうなってしまうと何が何だかわからなくなってしまいます。
この様な無駄な混乱を防ぐ為には、
化粧水は目的にあった成分や用途によって選ぶことです。

もし、洗顔後に化粧水をつけてさっぱりしたいのであれば、
メントール配合などの付けた後に、
スースーする成分が入っている化粧水を買えば良いと思います。
ただし、これを選んだ場合、肌の保湿成分等は少ないです。

逆に肌の保湿を考えているのであれば、
化粧水ではなく美容液の方がオススメです。

化粧水の本来の目的は?

化粧水=肌を保湿するもの

というイメージがありますが、
実は化粧水だけでは十分な保湿はできません

なぜなら、化粧水は、化粧”水”というだけあって、
成分の大半はです。

保湿成分は植物性、動物性など様々なものがありますが、
油分を含んだものが多く、水と混ざりにくい為、
化粧水に配合できる保湿成分はそこまで多くありません。

その為、「化粧水を付ければ保湿できる!」
と過剰な期待を持つ事は避けましょう。

この様な事を考えると、
化粧水を付ける目的は、「付けた後の清涼感を感じるため」
といったところでしょうか。

ですから、化粧水はスキンケアに必須か?
と言われれば、そうでもないようです。

ビタミンCを取りたいのであれば化粧水がおすすめ

ビタミンCには肌の老化を防ぎ、代謝を促す作用や、
メラニンの生成を抑えて、色素沈着を防ぐ作用があり、
シミや美白などに有効な成分です。

ただし、ビタミンCをそのまま肌に塗ったとしても、
ビタミンCはもろい成分の為、
肌に浸透する前に壊れてしまいます。

そこでビタミンCを改良して、
肌に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、肌の浸透性を高めて、
肌に浸透してからビタミンCに変化する性質を持っています。

しかもビタミンC誘導体は、水溶性の成分が多く、
水と混ざりやすい為、化粧水と相性が良いのです。

その為、シミ防止などの美白成分を期待するのであれば、
ビタミンC誘導体が入った化粧水を選ぶ事をおすすめします。

因みにビタミンC誘導体は、

・リン酸型ビタミンC
・アスコルビン酸グルコシド
・アスコルビルエチル

の3つがあるので買う時には、
これらの成分が含まれているか確認するようにしましょう。

保湿をするなら美容液やクリームがおすすめ

化粧水は、大部分が水で出来ている為、
保湿効果はそこまで期待できません。

その為、乾燥肌や敏感肌なのであれば、
化粧水よりも美容液やクリームの方がおすすめです。

美容液やクリームというのは、油分が入っている為、
保湿成分、美白成分、抗炎症成分など
多くの成分を配合する事ができます

その分、肌トラブルに効果的なスキンケアが可能で、
自分の肌の状態にあった対処ができます。

更に今の美容液やクリームは物凄く進化していて、
付けてもべたつかずに肌に馴染むものが多く、
付けた後も快適に過ごす事ができます。

ただし、オイリーな肌の場合は、
美容液やクリームの油分が皮膚表面に油膜を作って、
皮脂が毛穴に詰まってニキビなどの原因になる事もあるので、
その様な方は化粧水がおすすめです。

まとめ

化粧水を選ぶ時は「さっぱり」「しっとり」どっちがいいの?
と迷うことが多いと思いますが、答えとしては、
自分の目的に合ったものを選ぶ
というのが最も適した表現になってしまいます。

化粧水は保湿目的に作られたものではないので、
キレイな肌を作るのに必須という訳ではありません。

それであれば、生活習慣や食事を正して
美容液等で保湿を行なった方がキレイな肌を作る事ができます。

もし、肌トラブル用に化粧水を使おうと考えているのであれば、
美容液やクリームなどを使う事がおすすめです。

肌トラブルに悩んでいるのであれば、
各トラブルに対応したスキンケア製品を以下で紹介しているので、
よろしければ参考にしてみてください。
肌トラブル別スキンケア製品