464547

 

せっかくニキビが治ったと思ったのに、
「今度はニキビ跡が残ってしまった」
という事はありませんか?

白ニキビや黒ニキビのような、
炎症を起こす前のニキビであれば、
無理にニキビを押し出したりしない限り、
ニキビ跡が残ることは稀です。

ただし、赤く炎症を起こしたニキビの場合、
ニキビ跡が残る可能性が高くなります。

だから、本来はニキビが悪化する前に、
正しく処置をすべきなのですが、
ニキビ跡ができてしまった場合でも、
ニキビ跡の種類によっては治す事ができます。

そこで今回は、ニキビ跡治った人は、
どのタイプのニキビ跡なのかを紹介していきます。

 

ニキビ跡には種類があります

ニキビ跡を治す方法を解説する前に、
まずはニキビ跡の種類や原因を、
知っておく必要があります。

ニキビ跡には主に3つの種類があります。

・赤みがあるニキビ跡
・色素沈着したニキビ跡
・クレーター

これら3つの種類によって、
治せるものとそうでないものがあります。

 

赤みのニキビ跡

赤みのあるニキビ跡は赤ニキビの炎症が強く、
肌表面のニキビが治ったとしても、
炎症が肌の奥でまだ続いている状態です。

このような場合、肌を清潔にして、保湿をしながら、
肌のターンオーバーを正常化させていけば、
段々と赤みが薄くなり、
ニキビ跡が治っていきます。

その為、赤みがあるニキビ跡であれば、
治る人は多くいます。

更にこれに加えて、
ニキビ跡専用の美容液を使えば、
もっと早く治す事も可能です。

そんな赤ニキビ跡専用の美容液はコチラ

 

色素沈着したニキビ跡

色素沈着したニキビ跡は、
赤ニキビができた時に放置して、
ニキビの炎症が肌の奥まで届いてしまうと、
炎症がこれ以上奥に進まないように、
肌がメラニンを生成してバリアを作ります。

この生成されたメラニンが、
肌の奥で色素沈着を起こして、
シミのようなニキビ跡が残ってしまうのです。

 

色素沈着したニキビ跡の場合も、赤ニキビ同様に、
肌のターンオーバーを正常化させる事が一番です。

ターンオーバーを繰り返していくことで、
色素沈着した肌細胞が、
徐々に皮膚表面へ上がっていき、
古い角質となって剥がれ落ちていきます。

これによって、
徐々にシミの様なニキビ跡が薄くなっていき、
最後には、ニキビ跡が消えていきます。

 

また、色素沈着したニキビ跡の場合、
ビタミンC誘導体を含んだ、
スキンケア製品を使うと有効です。

ビタミンCには、
メラニンの生成を抑える作用があるだけでなく、
沈着した色素にも働きかける作用があります。

ただし、色素沈着したニキビ跡は、
炎症が赤みのあるニキビ跡よりも、
肌の奥で起きているので、
ニキビ跡が消えるのは、
より時間が掛かる傾向にあります。

ただ、色素沈着したニキビ跡も、
専用の美容液を使えば、
治る期間を短縮する事も可能です。

色素沈着したニキビ跡専用の美容液はコチラ

 

クレーター

クレーターは、ニキビ跡の中でも最も重症で、
ニキビの炎症が悪化してしまい、
真皮にまで、
ダメージが届いてしまった際にできます。

真皮にまで炎症が起きてしまうと、
ターンオーバーは真皮では行なわれない為、
赤みのあるニキビ跡や、
色素沈着したニキビ跡のように治す事はできません。

よって、クレーターができてしまった場合は、
セルフケアで治す事は非常に困難で、
皮膚科などでのレーザー治療がメインになります。

しかも、レーザー治療を受けたからといって、
完全に治る保証もない為、
クレーターになってしまう前に、
ニキビケアをする必要があります。

*ニキビ跡の原因と予防の詳細を知りたい場合はコチラ

 

まとめ

ニキビ跡には種類がある為、
全てが治せる訳ではない事を、
わかって頂けたと思います。

また、ニキビ跡ができてしまうと、
軽度の赤みのあるニキビ跡でも、
治すには数ヶ月掛かる事もしょっちゅうです。

色素沈着したニキビ跡にいたっては、
治るまで数年掛かったりする人もいます。

ですから、ニキビができてしまったら、
早めに適切な対処をして
ニキビを治す事が先決です。

ただし、ニキビ跡ができてしまったとしても、
種類によっては治す事ができるので、
諦めずに根気強く、
ニキビ跡のケアをしてあげましょう。

もしニキビ跡に悩んでいるのであれば、
オススメのニキビ跡専用の
スキンケア製品も紹介しているので、
よろしければ、参考にしてみてください。
ニキビ跡に悩む人の為のスキンケア製品特集