アクレケアは、
デコボコニキビ肌専用の美容液ですが、
中には、

“使っても効果がない

という人はもちろんいます。

いくらアクレケアが、
ニキビ跡の改善に、
効果が期待できるからといって、
使う人、全てに対して、
効果がある訳ではありません。

 

そこで今回は、
アクレケアを購入しても、
損をしないようにする為に
“アクレケアを使っても効果がない”
と思われる人について考えてみました。

この記事を読んでおけば、
アクレケアを買って損をする
という事を防げる可能性があるので、
最後までしっかり読んで下さいね!

 

ニキビ跡がクレーターの場合

アクレケアは、
“デコボコニキビ肌用美容液”
と言われていますが、
この記事でも書いたように
クレーターに対しては、
効果がないでしょう。

一見、”デコボコニキビ肌用”
というのは、”クレーター用”
と勘違いしやすいのですが、
アクレケアでは、
クレーターはケアできない可能性が高いです。

 

なぜなら、クレーターというのは、
肌奥深くの”真皮層”という層が傷ついて、
肌の修復ができない状態だからです。

 

本来、ニキビが治る仕組みは、
基底層で、ターンオーバーという、
肌の入れ替わり機能が働いて、
それを何度も繰り返す事で、
ニキビが治っていきます。

 

でも、ニキビ跡が、
クレーターになってしまうと、
基底層よりも下の真皮層が
傷ついているので、
肌の入れ替わり機能が働かずに、
ボコッと穴が空いたように
なってしまうのです。

 

アクレケアはあくまでも、
ニキビ跡の炎症を抑えて、
肌に潤いを与えながら、
デコボコした肌を柔らかくしていき、
肌の入れ替わり機能を、
手助けする効果が期待できる美容液です。

その為、
肌の入れ替わりが起きない部分には、
アクレケアを使っても効果がないのです。

 

このような肌の修復の仕組みから、
ニキビ跡がクレーターになっている場合は、
アクレケアでは効果が期待できません。

通常、ニキビ跡がクレーターになると、
セルフケアでの修復は困難なので、
美容皮膚科での、
レーザー治療等がメインになります。

 

1ヶ月などの短期間しか使わない人

アクレケアを短期間しか使わない人の場合、
効果がないと言うよりは、
“効果を実感しにくい”
と言うべきかもしれません。

 

このような美容液を使えば、

“使用後2~3日で効果が出る”

とい考える人が大勢いるのですが、
いくらアクレケアが、
ニキビ跡をケアする美容液だからといって、
そんな短期間では効果は出ないでしょう。

 

ニキビ跡が治るのは、
クレーターの所で少し話しましたが、
肌の入れ替わり機能を何度も繰り返して、
ニキビ跡が付いた古い皮膚が押し上げられて、
それが剥がれ落ちていくことで、
徐々に消えていきます。

アクレケアは、
この肌の入れ替わり機能を促進させて、
ニキビ跡をケアする美容液です。

 

しかも、肌の入れ替わりには周期があり、

20代:約28日
30代:約45日
40代:約60日
50代:約75日

と言われています。

この入れ替わり周期を繰り返す事で、
ニキビ跡が徐々に消えていくので、
アクレケアを1ヶ月程度使っても、
ニキビ跡に効果が期待できないのは、
想像できると思います。

 

例えば、ニキビが酷くて、
赤く腫れて痛いニキビが出来ている場合、
アクレケアには、
炎症を抑える成分が入っているので、
使って2~3日で炎症が収まって、
ニキビが小さくなる
ということはあり得るでしょう。

このような酷い症状に対しては、
短期間でも効果が期待できますが、
完全にニキビ跡を消すとなると、
やはり短期間では、
効果は出ない可能性が高いです。

 

まとめ

上記2つのタイプが、
アクレケアを使っても、
効果がないと思われる人になります。

アクレケア自体は、
デコボコニキビ肌に、
効果が期待できる美容液ですが、
それでも、効果が出ない場合もあります。

だから、アクレケアの購入の前に、
自分の症状を再確認してから、
購入するようにしましょう。

 

もし、上記2つに当てはまらなければ、
アクレケアの効果を
実感できる可能性が高いので、
試してみる価値はあるでしょう。

 

そんな時の為に、

どこでアクレケアを購入するのが、
一番安くてお得なのか?

というのを調査したので、
興味があれば、
コチラの記事も読んでみてください。

 

アクレケアの公式サイトを確認する場合は、
以下から確認する事ができます。
デコボコ肌用美容液 薬用アクレケア