ase_014_tp_v

よくニキビやシミ予防に、
「ターンオーバーが重要」
と聞きますが、ターンオーバーってなに??
と思う人も少なからずいるでしょう。

その為、今回はターンオーバーについて解説します。

*目次内を押すと希望の項目へ飛びます。

ターンオーバーとは??

ターンオーバーとは、
英語表記でturnoverとなり、
「ひっくり返す」「入れ替わる」という意味です。

肌に対するターンオーバーとは、
肌が新しく入れ替わる事を意味します。

肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っていて、
更に、表皮には一番上から、

「角質層」
「顆粒層(かりゅうそう)」
「有棘層(ゆうきょくそう)」
「基底層」

という4層構造になっています。

肌の入れ替わりの仕組みは、
血液が栄養や酸素を基底層へ運ぶ事で、
基底層で新しい肌細胞が生まれます。

そして、その新しい細胞が分裂して、
形を変えながら角質層へ上がって行き、
皮膚表面に辿り着いた時に、
古い肌細胞を押し上げて剥がします。

この様な流れで、
常に肌の細胞が入れ替わっていくので、
肌が傷ついても、元のキレイな肌に戻るのです。

一番わかりやすいのが、
怪我をするとかさぶたになって、
それが剥がれて元に戻る時や、
日焼けをして皮が剥けても元の肌に戻る様子です。

ターンオーバーには年代別に周期がある

triangle-1710880_640

肌の入れ替わりには、
年代別に周期があります。

10~20代:約28日
30代:約40日
40代:約55日
50代:約75日
60代:約100日

となっています。

年齢が上がるごとに、
ターンオーバーの周期が長くなるのは、
代謝が関係しています。

年齢を重ねると代謝が悪くなり、
ターンオーバーにも時間が掛かります。

「年を取るとシミが消えにくい」
というのもこれが原因によるものです。

ターンオーバーの周期が乱れる原因

ターンオーバーの周期が乱れると、
肌トラブルが起きやすくなるのですが、
乱れる原因は何なのでしょうか?

ターンオーバーが乱れる主な原因は、
間違ったスキンケア、睡眠不足、
ストレス、偏った食生活などがあります。

間違ったスキンケア

2c2437fa55950b3544fb0a533d383d09_s

間違ったスキンケアとは主に洗顔の事です。

洗顔時に顔をゴシゴシ強く洗ってしまうと、
本来、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

この皮脂は、皮膚の表面を覆って、
肌バリアを作っているので、
これを取り除いてしまうと、肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥してしまうと、
この乾燥を防ごうとする機能が働いて、
過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまいます。

そして、余分な皮脂が毛穴に詰まって、
アクネ菌がそれをエサして増殖します。

これによってニキビなどの肌トラブルが起きて、
肌の状態が悪くなり、ターンオーバーの周期も乱れます。

 

睡眠不足

baby-1151351_640

睡眠不足が肌に悪いというのは、
有名な話ですが、
これは成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンは、
肌の修復をしてくれるホルモンで、
寝ている間に一番多く分泌されます。

その為、睡眠不足になると、
ターンオーバーに必要な、
成長ホルモンの分泌量が低下する為、
ターンオーバーの周期が遅れてしまいます。

睡眠不足になると、
怪我が治りにくくなるのが良い例です。

ストレス

00_pp25_pp_tp_v

強いストレスを受けると、
ホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると、
皮脂の分泌が過剰になり、それが毛穴に詰まって、
ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。

それによってターンオーバーが上手くいかずに、
周期が遅れてしまいます。

偏った食生活

db88_debumenu15133912-thumb-autox1600-15875

ターンオーバーを正常に保つには、
ビタミンを多く含んだ食べ物を、
摂取する事が重要です。

ビタミンは肌の代謝を、
促進する効果があるからです。

特にビタミンA、B群、C、Eが、
ターンオーバーには効果的です。

偏った食生活をしていると、
これらのビタミンの摂取量が低下する為、
ターンオーバーの周期が乱れやすくなります。

また、過剰なダイエットをしてしまうと、
栄養のバランスが偏ってしまい、
肌細胞を作る為の栄養素が不足してしまいます。

栄養素が不足すると、基底層へ栄養が届かなくなり、
新しい肌細胞が作れなくなって、
ターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

ターンオーバーの乱れによる肌トラブル

ターンオーバーが乱れると、
様々な肌トラブルが発生します。

例えば、本来、約28日の周期が、
35日の周期になってしまうと、
本来、剥がれているべき古い角質が、
1週間、肌に残ったままになってしまいます。

そうなると、古い角質は固くなってしまい、
剥がれにくくなってしまいます。

固くなった角質が肌の表面に残った状態だと、
下から新しい肌細胞が押し上げても、
剥がれ落ちずに残ってしまいます

これを繰り返す内に、
毛穴に古い角質が詰まっていき、
炎症を起こす事で、ニキビができてしまいます

これ以外にも、ターンオーバーが乱れると、
紫外線を受けて肌の奥にできたメラニン色素が、
角質層の内側に残ってしまい、
シミが落ちにくくなるといった問題も起きます。

ターンオーバーの乱れを防ぐには・・・

ターンオーバーの乱れを防ぐには、
偏った食生活や睡眠不足の解消と共に、
洗顔方法などのスキンケアも重要です。

洗顔で毛穴の皮脂や古い角質をしっかり取り除かないと、
皮脂や古い角質が毛穴に残ってしまい、
毛穴を詰まらせる原因になります。

毛穴が詰まるとニキビができてしまい、
ターンオーバーを正常に戻すのに時間が掛かります。

その為、正しい洗顔方法で、
肌に付いている皮脂や汚れをキレイに洗い流してあげましょう。

また、保湿をしっかり行なう事で、
肌の乾燥による肌荒れ予防にも繋がるので、
ターンオーバーの乱れを防ぐ事ができます。

まとめ

ターンオーバーの仕組みを把握する事で、
キレイな肌を保つ秘訣が理解できたと思います。

ターンオーバーの乱れの原因を、
一度に全て解決するのは難しいと思いますが、
少しでも意識してあげることで、
ターンオーバーは正常化へ近付きます。

もし、あなたが慢性的な肌トラブルに悩まされているのであれば、
ターンオーバーの乱れが考えられるので、
今日から少しずつでも良いのでケアを始めてみましょう。